2020-05-26

ヒステリーおばさんに背筋が凍った

仕事で遅くなってしまい、終電近い電車に乗った日のこと。

吊り革に捕まっていると大きな揺れが。

そのはずみで前に抱えていたカバン座席に座っていたおばさんにぶつかってしまった。

咄嗟に「あ、すみません大丈夫ですか」と謝った。

そのおばさんはしばらくこちらの顔を見たあと深呼吸して、「イッターい!全然大丈夫じゃないですよ!」ととびきり大きな声を上げた。

その時のおばさんの目といい、顔つきといい、今思い出しても背筋が凍る。

僕は恐怖の中でもう一度、「すみませんでした」と謝った。

でもおばさんは恐ろしい目でこちらを睨みつけたまま何も言わない。

周りの乗客がチラチラとおばさんを見ているのを感じる。

沈黙時間によって少しだけ恐怖心が和らいだ僕は疑問を感じ始めた。

そしてその疑問をおばさんにぶつけてみた。

カバンがあたったのは申し訳ありませんが、僕それほど怒られることをしました?」

おばさんはまた何も言わなかった。

痺れを切らした僕はもう一度言った。

「僕それほど怒られることをしました?あ?」

おばさんは黙って下を向いた。

必死こいて若作りした格好、くたびれた雰囲気・・・

こんなに遅い時間まで派遣仕事でもやっていたんだろうか。

こんなヒステリーおばさんが社会底辺で蠢いていてちょっとでも下手に出た人間に噛み付くんだと思うと恐怖を感じた。

そんなことを考えながら下を向いたおばさんの頭頂を眺めていた。

そのまま、おばさんが顔を上げることがなかった。

10分位で僕の最寄り駅に到着すると僕はおばさんの方を見ながら電車の扉を出たが、おばさんは下を向いたままだった。

ホームから電車の窓越しに下を向いているおばさんの後頭部が見えた。

ホーム階段を降りる時、あの恐ろしい目、あの恐ろしい顔を思い出し、背筋が寒くなった。

  • ヒステリーおばさんとの遭遇 ~ヒステリーおじさんシリーズ~

  • どういう意図で書いてるのかわからんけど元増の怖さもめっちゃグッとくるものがある

  • 東京は怖いのう

  • そんなでかい荷物をもって電車に乗るのが田舎者。 抱えてないで網棚に上げろよ。

  • 即座に、いやいやそこまで当たってないじゃないですか、とか返すならともかく、一拍置いて静かに逆ギレしてくる増田もなんか不気味な人間だな。 というか、ぶつかられてイテー!て...

  • サラリーマン然として日常に溶けこんでるけどふとしたきっかけでターゲットを決める殺人鬼キャラのセリフみたい 「僕それほど怒られることをしました?あ?」

  • つ鏡

  • それほんとに女だったの? 女のふりしたおっさんじゃないの?

  • 謝ってるのに睨まれてるんだし気持ちはわかるなぁ

  • うーん、睨みつけているだけでことさら「それほど怒られる」状況にはなっていないような… スルー可能なレベルの威圧にそれ以上の威圧で返すからこじれたんでしょ? 争いは同じレベ...

  • 周りの乗客が見てたのはヤクザに絡まれてるかわいそうなおばさんだよ

  • 悪くないと思ってるなら警察呼んだら? 客観的にはおっさんが暴行して逆切れしてる場面だけど

  • ぶつけられて痛いって伝えるのはともかく、騒ぎ方もこっちが謝ってからの態度も完全に喧嘩売ってんだから買われても仕方ない。 大雨で一時的にめちゃくちゃ混んではけた後に、立つ...

  • 怒られてはないよな。 聞き返すならお怪我はありませんでしたか?では。

  • 謝ったら許されると思ってるクソガキ

  • 僕それほど怒られることをしました?は だけならともかく、「あ?」は完全にヤカラだろ。 相手が下手に出たと思って噛みつきに出るのはどっちもどっちだぞ

  • 相手を見下してるのがバレたんじゃないの でもって怒鳴られた瞬間は驚いてとっさに反応できなかったけど、 冷静になって相手を見て自分でも勝てると思ったから増田がすごんだだけに...

  • ある鏡の中は日曜日、ブックオフ巡りで遅くなってしまい、終電近い電車に乗った日のこと。 吊り革に捕まっていると大きな揺れが。 そのはずみで読んでいたミステリのネタバレをつい...

  • ほっこりした

  • anond:20200526214230   仕事で遅くなってしまい、終電近い電車に乗った日のこと。 吊り革に捕まっていると大きな揺れが。 そのはずみで前に抱えていたカバンが座席に座っていたおじさん...

  • ヒステリーってもっと金切り声で捲し立てる系のイメージだった

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん