2020-02-23

[]anond:20200223191324

ある日、京の中御門宗教から上月城書状が届いた。

その内容は、明石海賊から大江山山賊への手紙のようなもので、なんともわけがからなかった。

その二ヶ月後、また宗教から書状が届いて、

「先日の手紙の返事がないので、そちらに九重姫を送ったがやはり音沙汰がない、姫は到着したかとある

鹿之助は驚き、明石海賊九重姫をさらたかと合点して、その退治に出かけることとなった。

船頭を雇い、海に出てしばらく進むと、向こうから来るのはまさしく海賊の船だと船頭が言う。

鹿之助がその船に乗り込むと、なんと船底より大谷古猪之助・早川鮎之助・横道兵庫之助が現れた。

古猪之助が語るところによると、まず事の発端は大江山山賊宗教卿の手紙を奪ったこである

それを読んだ山賊は、鹿之助から使者なりすまし九重姫を誘い出し、そのままねぐらに連れ帰ってしまった。

古猪之助は、鹿之助が尼子家に仕官したという噂を聞いて、

約束を果たそうと播州へ向かう途中、大江山山賊に捕まりその手下として働いていた。

そこで九重姫と出会って事情を聞き、姫をつづらに入れて逃げ出したところ、

今度は舞子の浜の宿でつづらを海賊に奪われたのだと言う。

さら兵庫之助によると、大坂の店に送ったはずの浮舟が、

まもなく兵庫之助を慕って追いかけてきたので困っていたところ、

九重姫と共に浮舟も海賊さらわれてしまったので、同じ宿に泊まっていた古猪之助と協力して救い出そうとした。

二人して海賊棟梁に襲いかかったところ、その棟梁というのが実は鮎之助であり、

同じく鹿之助の家臣であることが判明したのだと言う。

鮎之助はと言うと、やはり鹿之助のもとへ向かう途中で海賊に襲われたので、その棟梁返り討ちにしてやった。

そうして棟梁に成り代わっていたところ、他の二人と出会ったのだと言う。

鹿之助は納得して、この三豪傑を連れて帰って尼子義久に紹介し、また九重姫と正式結婚をしたのだった。

  • 信濃の戦国大名・村上義清の家臣である楽巌寺右馬助には更科姫という娘がいた。 彼女は絶世の美女でありながら武勇の誉れ高く、また年頃の十七歳となれば縁談が絶えないが、 「私の...

    • ある時、森之助の伯父で、先年村上家を出奔して武田家に仕えていた、相木市兵衛という者が塩尻峠を通りかかった。 市兵衛はその山奥で、鹿の背に乗せられ、猿たちに取り囲まれた赤...

      • 森之助と更科姫は諏訪ヶ原をよく治めていた。 あるとき、夫婦は山中で道に迷い、たまたま村上家の武芸指南役・井上九郎と再会した。 村上家を出奔したのち隠居していたとのことで、...

        • 古猪之助のもとを発ち、京へやってきた鹿之助が、たまたま入った居酒屋で狼藉者を退治したところ、 その店の女主人が、実は更科姫が昔に助けたことのある、お菊という娘だった。 お...

          • 鮎之助と別れて、またどしどしと歩き、兵庫の町に着いた鹿之助は、 そこで女を挟んで浪人と大男とが争っているのを見かけて、仲裁に入った。 浪人に話を聞いてみると、彼はこの浮舟...

            • ある日、京の中御門宗教から、上月城に書状が届いた。 その内容は、明石の海賊から大江山の山賊への手紙のようなもので、なんともわけがわからなかった。 その二ヶ月後、また宗教卿...

              • 日の出の勢いの尼子家は、敵に奪われていた月山富田城まで取り返した。 尼子義久は富田城へ戻り、上月城は鹿之介へと与えられた。 さて、尼子の一族には尼子九郎左衛門という邪智奸...

                • 九重姫は、侍女とともに丹波の国境まで逃れ、たまたま見つけた施行宿に泊っていた。 しかし、実はその宿は丹波太郎という人買いの罠であり、九重姫たちは売りものとして部屋に閉じ...

                  • 一方、兵庫之助の死体を背負った浮舟は、同じく遊女をしている妹の浮橋のもとに身を寄せた。 浮橋にも愛人の薮中茨之助というものがおり、彼の世話で家を借りてそこで暮らしていた...

                    • 上月城主となっていた寺元生死之助は、陸路から進軍してきた松永軍を相手に防戦していたが、 そこに海から尼子勝久の軍勢が到着したので、生死之助はさっと搦手の門を開いて迎え入...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん