2017-04-18

自炊してるが食材の値段設定がおかし

ブラジル産鶏肉が消えた。

じゃがいもも消えた。

元々品揃えの悪いスーパーで、周辺民の人数に対してスーパーが足りないのか、強気の値段設定&しょっちゅう品切れを起こしている。

今日はだいこんとしめじが売り切れ。

にんじん一袋298円。小さいの3本入り。

りんごふじ)1個198円。冬場だと100円になるが、りんごってこんなに高かったっけ。

国産鶏肉は胸肉なのに350円。1枚の値段。

豆腐もやし納豆値上がり。まだ買える値段ではある。

加工品のほうが安いんだよね。

スーパーで売ってるチキンカツ(一応国産表示)<胸肉だし、筑前煮にんじん一袋だし。

おかしくないか売れ残りを使ったとしても、加工代金が入る分そこまで安くはならないだろう。

人件費どこいってるんだよ。

そして菓子パンは100円。

たとえにんじんが買えなくなっても、これさえあれば飢えて死ぬことはないわけだが

野菜果物・肉・魚をもう少し安くして欲しい。

農家の人が大変だって話も聞いてるけど、このままじゃ買えない。

あるいは俺の給料をあげてくれ。

トラックバック - https://anond.hatelabo.jp/20170418202841

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん