2016-11-08

平成28(2016)年11月8日 東朝新聞コラム

電通強制捜査─喝采してほんとうに大丈夫

 広告代理店大手電通新入社員女性が過労のために自殺した問題などをめぐり違法長時間労働をさせていたとして11月7日

厚生労働省が、本社と3支社の強制捜査に乗り出した。

この報道に対し、『異常な長時間労働労働の末端ではなく上流取り締まるべきである』『ブラック企業には鉄槌を下すべき』

などとして拍手喝采する意見が多いが、私は不安で仕方がない。

 電通の首根っこを押さえたら事実上日本のほぼ全てのマスメディアを押さえたも同然になる。

労働問題を口実に電通の弱みを握り、自らに有利な報道をするように間接的な圧力行使したいという

アベ政権の隠れた意図を感じるのは私だけだろうか。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん