2016-07-31

もともとポータル周辺に湧いていたXMは人間意思に大きく作用するもの。我々エージェントはそれをスマホ移植されたスキャナーを使って見ていた。

我々の戦いはこのXMの被爆一定量を越えた時に起こる、シェイパーによる意識支配を受け入れるべきか拒否すべきかの意見の相違から発生した。

なぜポータルとほぼ同じ場所からモンスターの出現を多数目撃し、さらにそれを捕まえたいと欲する人間が突然大量に現れたのかは、今後のNIANTICからの発表を待つべきであろう。これは世界規模で起こっている現象である

何れにせよ彼らは、スキャナーを使わず、XMを回収しもせず、そのまま高濃度XM地帯に長時間留まると言う危険おかしている。彼らの意識の変化は何れ目に見える形で起こるはずである

早急に彼らにスキャナーの存在を教え、XMの重要性を理解させることが望ましいであろう。彼らのうち何割かは我々の戦いに参加し、また何割かは何れポータルへの興味を失うであろう。

我々の戦いは新たな局面を迎えたのである。共に戦おう。

One resistance

http://anond.hatelabo.jp/20160730141643

記事への反応 -

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん