2009年06月27日の日記

2009-06-27

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090627-00000762-yom-pol

アニメの殿堂」は無駄、母子加算復活を…鳩山代表

 民主党鳩山代表は27日、札幌市内で開かれた集会であいさつし、次期衆院選政権を獲得した場合の予算執行について、「無駄なものは凍結する。『アニメの殿堂』ではなく、生活保護の母子加算復活に全力を挙げ、この国から貧しさを払拭(ふっしょく)していきたい」と述べた。

 政府は2009年度補正予算に「アニメの殿堂」と呼ばれる国立メディア芸術総合センター建設費117億円を盛り込んだ。民主党は、一人親の生活保護世帯に上乗せ給付する「母子加算」の復活に必要な経費を約180億円と見積もっている。鳩山氏の発言は、一部事業の執行凍結で、別の政策課題に優先的に予算を振り向ける考えを示したものだ。

 これに先立ち、鳩山氏は同市内で記者会見し、「いつまでに何をやるという工程表マニフェスト政権公約)で示すつもりはない。揚げ足を取られる危険性がある」と述べ、政権公約に政策実現の目標期日は盛り込まない考えを示した。

「いつまでに何をやるという工程表マニフェスト政権公約)で示すつもりはない。揚げ足を取られる危険性がある」

('A`) えー

その時はすべてがあまりにも遅かった。

政府大学院生奨学金制度改悪した時、私は不安に駆られたが、

自分大学院生でなかったので、何の行動も起こさなかった。

後日、政府は老人の年金記録改ざんした。

私はさらに不安を感じたが、自分は老人ではないので、

何の抗議もしなかった。

それから政府身体障害者派遣労働者サラリーマン子育て中の主婦、と

次々に制度改悪の輪を広げていき、その度に私の不安は増したが 

それでも私は行動しなかった。

ある日、ついに政府エロゲを弾圧してきた。そして私はキモオタだった。

だから行動に立ち上がったが、その時はすべてがあまりにも遅かった。

http://anond.hatelabo.jp/20090625131914

言われてみれば・・・

って、監禁王子の例を忘れてない?

あっちはゲーム漫画等によって触発されたと思われる貴重な例だぞ。

家宅捜索で押収した家にはその手のゲームが多数。リアルで女を監禁し、手錠をはめてた)

http://anond.hatelabo.jp/20090625132103

レスだが、週間文春の信憑性はどんぐらいなのさ?

実際に事件を起こしたやつに取材してるから、信ぴょう性はあると思う。

(やらせという可能性もあるが、それはないと信じたい)

例で出した犯罪者幼女ゲーム「しか」持っていなかったのか?

成人相手のゲームは持ってるという記述はなかったので、もってなかったと思う。

また、別の原因で幼女性癖を持ち、その代用でゲームを買った、という考え方もできる。(実際に代用出来たかどうかはわからんが)

ああ・・・

言われてみればそれもあり得るな・・・orz

http://anond.hatelabo.jp/20090627152057

素朴な疑問なんだけど、「こんかつ」って昔でいう「お見合い」じゃないんでしょ?知らんけど。

お見合い」にこれ全部やられたらそりゃやだけど。

お見合いしたいなら素直にお見合いすればいいんじゃないかなwwww

http://anond.hatelabo.jp/20090627231042

モロに自縄自縛でブーメラン瞬殺

ネタマジレスしている暇な人が世の中にはいるものです

何日か前の話題をみていて思った。

やっぱり「じゃあ死ねば」とか言わないで欲しい。

軽々しく「死にたい」とか言って甘えてくる人が鬱陶しいと言う意見には、共感できるのだけれど。

でも、もしかするとほんとに、やばいくらいに行き詰まっている人かも知れない。

あるいは心の病とか。

「困っているから助けて欲しい」という理性的表現よりも「死にたい」という感情表現がよりよく自分の危機を示すことはあるでしょう。

むしろ「死にたい」をこそ意訳すべきだと思う。「じゃあ死ねば」を意訳するんじゃなくて。

本当に死にたい人は黙って死んでいる、とっくに死んでいる、みたいな話もあるけど、

それは事実かも知れないが理屈にするには無茶で、つまり

「君の発言が本気かどうか証明するために、今ここでとにかく死んでくれ」なんて無茶だし、

それじゃ言葉にした意味がない。

ポロリとこぼしたのか勇気を出して伝えたかわからないが何かのサインかも知れなくて、

明らかにそれは甘えだろうとわかる面倒なケースもあるとは思うが、

やはり軽々しく扱えないよ。

まあ、単に発言者の甘えであっても、その言葉自体もけっこうきついけど。

http://anond.hatelabo.jp/20090627230608

小町には「何で二重で美人子どもを産まなかったんだとなじる姑」の話とかがあるからねぇ。それにくらべりゃまだましだと思うけど。ぶっちゃけ「産んでくれてありがとう」ってことばだけじゃ「イエ」という観念が強いのか、単に孫の顔が見れてうれしいのかはわからんしなぁ。

http://anond.hatelabo.jp/20090627193208

はてサにとっちゃ、どうせ何もかもネタなんだから、さっさと別の玩具に移ってやればいいのに。

死刑とか、裁判員とか、イランの動乱とか、トリアージとか、天皇制とか。

多数派と少数派

以前のブログ小学校高学年の頃の学級会の話をしましたが、

そこでも自分は少数派に属することが多かった。

ある議題で「レクレーションを放課後にやるべきか」という討論になったのですが、

自分とある女子生徒の二人を除いてそれ以外は全員賛成ということもよくあった。

自分としては、元々悪名高いクラスでもあったし、放課後も拘束されるのは勘弁なのと、

文化的な活動をする時間が削られるという理由で、午前中にして欲しいと発言した。

もう一人の女子生徒はSさんと言って、

スヌーピーに出て来るペパミントパティに似ている。

男勝りで、スカートを履いたのをあまり見た事がない。

母親を早くに亡くしたらしく、

多分、家事など家庭を切り盛りする役目を担っていたんだと思う。

子供心に、この人はちょっと違うぞ?という予感はしていた。

しかしながら実際には大多数の力には勝てず、レクレーションは決定してしまいましたが、

学級会が終了した後で、Hata君の意見に賛成すれば良かったという人も出てきて、

やるせない気持ちになりました。

クレーションは2,3回やったものの、結局はダレて、いつのまにか消滅した。

その時に、大多数の論理というものを学んだ気がする。

そのSさんとは、中3でも同じクラスになり、

文集委員を共に全うするというご縁がありましたが、

そこでも色々あって、まー戦友みたいな感じでしたか。

ただ生きていく為には大多数でいた方が楽ではあるんだけど、

最近広告とか政治とか見てると、今世紀ではその享受を受けられないような気がします。

■この記事のURL

http://skyportpub.blog77.fc2.com/

谷啓チャーリー・ブラウン/お試し版(5))の案内アリ

http://anond.hatelabo.jp/20090627230608

ほとんど読んでないけど、たぶん増田精神が幼稚なんじゃないかな。

まぁ昨今は大人でも幼稚なのがデフォになりつつあるけど。

http://anond.hatelabo.jp/20090627215410

男だが,高校のときに拒食症に陥った。体脂肪率が5%以内でないと自分が許せなかったな。その後一転して過食に陥って,2ヶ月で20kgも肥満した。その節は家族や友人に多大な迷惑や心配をかけた。今は心からすまなかったと思う。

患者自己申告が常に正しいわけじゃない。美容というのは表層的な理由にすぎない。俺の場合もデブは醜いから痩せたいという意識はあったし,周囲にもそう言っていたが,それが全てではない。宗教修行アスリートについても言えることだろうが,欲望をコントロールするって独特の快感があるんだよ。食欲みたいな生存の核になってる欲望を自分で制御しているという実感があるとたまらなく気持ちいい。カフカの『断食芸人』に描かれてるとおり。とっかかりは美容にあったとしても,いったんそのサイクルが始まると食欲の統制が自己目的化する。でも生物である以上,統制には限界がある。体脂肪率の低下が続くと飢餓状態になって食べ物に手が伸びる。寝起きとか,意識朦朧としているときに貪るように食べてしまう。その後に自分のしでかしたことに気づいて罪悪感に駆られ,それをなかったことにするために吐き出そうとする。これが癖になると,「たとえ食べたとしても吐けばいいんだ」みたいな考えに陥って,吐くために食べるようになる。こうした異常摂食を繰り返してるうちに,脳のどこかが傷ついて,正常な食欲が失われてしまう。

「痩せすぎは美しくない」とか「吐くのはもったいない」とかいった「正論」は,この際捨ててもらいたい。娘さんもそのことは熟知しているからだ。言われたから止められるようなものじゃない。治療には専門家の手助けが必要だ。娘さんが自分で好きなものを好きなときに食べる/食べないことができる環境をまず破壊しないとならない。入院措置も含めて対応している精神科医がいるので,まずはそちらに連絡を。娘さんは抵抗するだろうが(俺ともう一人の例から見て,拒食の人は拒食しない周囲の人間軽蔑している可能性がある),強制的になってもやむをえない。

姑に「孫を産んでくれてありがとう」と言われます

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0625/247829.htm

これびっくりした。何がびっくりしたって、ほとんどの人がこの「孫を産んでくれてありがとうと言われます、それがなにか不愉快」という人に反発していることがびっくりした。

皆イラつかないのか?不思議だ。

何がイラつくって、この人も書いてるけど「産んで『くれて』」って言うけど別に姑のために産んだわけじゃないんだよね。

たとえば何か、あなたが絵でも漆器でも作っているとするよ。出来上がった瞬間、「わあ、ありがとう私に作ってくれて」とか言われたらどうよって話よ。「いや、お前に作ったんじゃないんですけど!?」って思うでしょ。絵や漆器ですらそれなんだからそれ以上に腹いためた子なんてまさしくそれよ。

ありがとう感謝言葉述べてるんだからいいじゃないの、ってのは単なる押し付け感謝の押し売りだと思う。感謝してるからって何でも許されるわけじゃないでしょうに。「バーカバーカ!……あ、これは俺的には感謝を表現してるからww」とか言われてもそりゃ通らんじゃろ。

別にあなたは関係ないのに、「産んで『くれて』」ってなんか「私のためにどうもありがとう」な顔が嫌なんだよな

なんか「息子と私の〇〇家のために、子産み機が子を産んでくれたわ。どうもありがとう」なニュアンスを感じる。主体が、子を産んだこっちじゃなくて息子と姑、つまり「家」側にある感じ。それが嫌だ。

考えすぎ?とは思わない。だって一昔前は実際そういう感覚だったし、姑世代はナチュラルでそういう感覚の人がまだいるんだよ。その前提で、産んでくれてありがとう、だよ。大体、友達だったら「わぁ、産んでくれてありがとう」なんて絶対言わないでしょう。なぜかっちゅーとやっぱり「家」が絡まないからだよ、友達同士は。

こういう台詞をさらりと言ってしまうってことは、根底に古臭い「イエ」思想があるって事を示唆してるんだよ。

この人はそれをうっすら感じ取ってる。実際、その次についたレスも「イエ思想が強いのでは」というレス。(この人は分かってるね)

まあそういう「ナマイキな」(ってことにされるw何か意見いえばすぐ「なまいき」w)嫁を世間は嫌うからこの反発もある意味分からんでもないけど。


http://d.hatena.ne.jp/hrkt0115311/20090628

「私のためにどうもありがとう」とは書いてないのに、そう読み取ってしまうのは、家制度に原因があるのだろうか。

というより、あれを「私のために」じゃなく読み取る方が無理があると思う。私からすれば、それこそ言葉どおり読んだら寧ろこっちの解釈になる(と思っているからこそ言ってるんである)と思うが、そう思わない人もいるんだろうとは分かる。ただ、自分解釈の方を「言葉どおりに読むと自分解釈になる」と記すほど無神経じゃない。優しい口調のようでいてじつはすごく尊大だよね。自分解釈の方が正しくてあなたは善意善意として受け止められない苦しい人だ、という目上目線で最初から語っている。この人いつもそうだけど、はてな夜回り先生にでもなった気なんだろか。

んで、↑でも書いたけど、だったら友達が「産んでくれてありがとう」と言いますか?って話で。言わないでしょ?どんなに仲良くても、そんな言い方はとても不自然

はてブでも

小町の文章を良く読め。何処にも「私に」などとは書かれていない。 良い作品に出逢ったときに「作ってくださって有り難うございます」と感謝と敬意の念を込めながら心の中で言いながら拝見してみ?

と言ってる人がいるけど、こんな解釈の方が無理ありすぎだろう。その解釈で言えば友人だろうがなんだろうが「産んでくれてありがとう」と言っても自然なはず。でも実際はそんなのは不自然なわけですよ。まず言う人はいない。言ったら誰しもが「えっ…?」と思う。言うのは姑くらいしかない。それはなぜか?となれば上のような解釈にならざるをえない。

私も、という主語が無い事は最初から分かっていたし、そうじゃない可能性も一応考えたが、それだと友人が言った場合不自然なことに対する理屈が通らない。(だいたい、姑が「孫を産んでくれてありがとう」をそっちの意味だけで解釈するのも、無駄に姑性善説すぎる)

単に感謝を述べたかっただけだと言うなら、そもそもこんな言い方する必要がないでしょうに。

「ありがとう」って常にいい言葉だと思ってる無邪気な(別の言い方をすれば馬鹿で無神経)人がいるから困る。

こっちは何もあんたにした覚えはないのに勝手にありがたがられてると不愉快な人もいると学んで欲しいよ、そんな「やさしい」人ならねw

http://anond.hatelabo.jp/20090627225034

元の投稿くらい読めるようになってから書こうな

他人にどれだけ関心を持ち続けられるかということが一番重要

リア充の周りへの関心は異常。奴らは積極的に周りに関与しようとする。

逆に非コミュと呼ばれる人たちは他人への関心が薄いように思う。自分のことだけ言おうとしたって誰も聞いてくれないさ。

そこらのHowToを参考に他人に質問してみたりもするけど、関心が根底に無いから話が盛り上がるはずもない。

誰だって根底はかまってちゃんなんだから、他人に関心をもって、くだらない用でも絡んでいけるような人が社会的に得をするのだと思ったよ。

http://anond.hatelabo.jp/20090627224119

あなたは娘さんが何を思ってはいているのか、はいているときにどういう気持ちなのかを考えていないんだね。なぜ大量に食べてしまうのか、なぜ食べた物を吐いてしまうのか、なぜ止められないのか、その原因を考えてないんだね。あなたはあなたのことしか見ていないようにしか見えない。罰あたりなんて…ひどくて言葉が出ない。

はやく病院に連れていきなさい。娘が過食なんですって精神科に行って薬出してもらってカウンセリングを受けさせなさい。

卑しい

自分と同年代やそれ以下の人社会の第一線で活躍するようになった。XX年生まれ、というプロフィールを見るたびにギクリとする。自分はまだ何もしていないしこれからも何もせずに死んでいくであろうことがリアルに予想できるだけに、頑張っている同い年を目にするのが辛い。ともするとなんかグチグチ言い訳を考えて、輝けない自分正当化しようとしていたりする。別に全員がヒーローになる必要はない、埋もれて生きていくのもそれはそれで良いものだ、なんて考えてすぐに、いやそれは逃げだ、と思い直したり、あるいはそう思い直すことすら醜い自己愛の現れなんじゃないかとうめいてみたり。いやそうやってグダグダ内面にこもってるのが俺の卑しさの最たるものなんだけどな。中島敦的に考えて。

リア充と非リア充を区分する客観的な基準は何だと思う?

http://anond.hatelabo.jp/20090627152057

そもそも、男ってそんな程度の生き物と思えば腹も立つまい。

http://anond.hatelabo.jp/20090627223711

食べずにがりがりに痩せていくときもつらかったですが、

今、せっかく私が働いて稼いだお金で買った食べ物を大量に食べて吐かれるのも頭に来て、

「この罰あたり」「金を無駄にして」と怒鳴ってしまいます。

太りたくないからという理由で好きなものを食べて吐くのも単なる自己中だと思うのですが・・

http://anond.hatelabo.jp/20090627221710

あなたは痩せてきれいになりたいと言うだけで過食になったり拒食になったりするの?何も食べないのも、食べたものを吐くのもとても辛いことだから、ただ美容のためにという理由でそこまでいくことは本当に稀だよ。

本人も気づいていない、なにかしらのわだかまりがあるかもしれないから、一旦第三者に判断してもらうのはどうだろうか。

http://anond.hatelabo.jp/20090627215622

単純に痩せてきれいになりたいという動機だったそうです。

母子家庭で父親不在(物理的には健在ですが)ですが、

親子二人で楽しい家庭だったと思います。

http://anond.hatelabo.jp/20090627210551

ずっと同じ状態のまま死ぬまで変わらないのかなあ。

付ける薬のない複雑性PTSDみたいな。

関係ないけど、ママンが怖いのに家から出ないあの人もこんな感じなのかな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん