2016-02-06

アナウンサー出身者がジャーナリズムとか語りだすと胡散臭い理由

そもそも取材っていうのは、

記者さんに話すことなんて何もないよ! さっさと帰んな!」と

塩まかれんばかりに追い返されても、めげずに通い詰めて、

あんたもしつこいねえ、何が聞きたいんだよ」って言われるのを突破口にして

取材源とルートを作ったり、

地道に集めた情報からストーリーを組み立てたり

公にされている資料(たとえば政治資金報告書とか、土地登記簿とか)を

徹底的に読み込んで、怪しいところをあぶりだしたうえで、相手にぶつけて

「そこまでわかってるんじゃあ、しょうがないなあ」と言わせたり、

あんただったら信用できるからいうけれど、実はね・・」と言われるようになるまで

実績を積み上げたりすることだ。

大体、「報道に値すること」ってのは、「相手積極的には話したくないこと」の中に

潜んでいるのが通常だし。

相手の話したいことを「はいはい、おっしゃる通り」って聞いてきて、広く伝えるだけでは、

ただの「マスコミ(マスなコミュニケーション)」とか「パブリシティ」に過ぎない)

堀某とか、長谷川某とか、「報道に携わってきた」とかいう自負のあるらしい「アナウンサー出身者」が

ジャーナリズムとは」とか語りだすと、ものすごぐ薄っぺらくて胡散臭いのは、

多分そういう、「地道な取材」なんか、ほとんどやったことないくせに

表面的なところだけで、語り出すからだと思う。

いや、「僕らも取材してきた」とかいうんだろうが、

どうせ、会社組織看板アナウンサーかい肩書を背負ったまま、

正面から広報電話かけて「○○についての企画をやるんで、お話きかせてくださ~い」とかいって、

話聞いてきたのをこぎれいにまとめてしゃべっただけだろ?

そもそも「アナウンサー」って職責は

「地道に取材する」んじゃなくて

「地道に取材してきた結果をまとめたものをわかりやすく伝える」ものであって、

最期の仕上げのコーティングに過ぎない。

もちろん、それはそれで、大事仕事だろうが、

コーティング経験しかないくせに、中身全部わかったようなしたり顔されてもねえ。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160206230858
  • http://anond.hatelabo.jp/20160206230858

    斜めだけど、これ改めて書くまでもないと思うよ。皆知ってる。

  • http://anond.hatelabo.jp/20160206230858

    この問題の本質は結局のところ他人に認められるための努力の絶対量が人によって違うってことだろ そして努力量が少なくても運か生まれのおかげで成功してしまった奴が努力努力叫び...

    • http://anond.hatelabo.jp/20160207125003

      全然違ぇよ。 「売るプロ」が「作るプロ」みたいな顔して喋んなってことだよ。 魚屋が「そもそも漁業とは…」って語り出したら、「お前じゃねーよ」って言いたくなるだろ。 そうい...

      • http://anond.hatelabo.jp/20160207152315

        でもその売り物が「しゃべること」なら、「ジャーナリズムとは」ということをしゃべること自体は、本業の範疇でしょ? エンドユーザーと対面する接客業者が、商品の良いところを我...

        • http://anond.hatelabo.jp/20160207155526

          多分、「(他人が取材してきたニュース原稿や映像について)わかりやすく喋るプロ」、なんだろう。 だから、誰かがジャーナリズムについてまとめてくれたのをしゃべるんならいいが...

          • http://anond.hatelabo.jp/20160207191142

            だから、ジャーナリズムをわかりやすくしゃべってんでしょ? アナウンサーは、他人が書いた記事を朗読するだけの仕事じゃないんだから、自分の中での編集があるのはあたりまえだし...

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)