2014-08-07

プロネカマ師「ネカマをするなら男キャラを使え」

タイトルの通り、プロネカマ師の知り合いが言うには、ネカマをするなら

キャラが良いらしい。

「は?ネカマなのに、男キャラ何言ってんだこいつ。」って思うよな。

俺も最初はそう思った。

だけど、詳しく話を聞いてみると、これがなかなか面白い


曰く、

いくら知識をためて、経験を積んだところで、男は男。女にはなれない。

非モテ相手に女のふりをするだけならいいが、コミュニティに属してると、

絶対に女の相手をする機会が出てくる。そんとき、よっぽど高いスキルを持った

ネカマ師じゃないと、男だってことがバレる。

変な話、突然生理の悩み相談なんかされたらどうする?答えられる?

ペディキュアの話は?下着の話は?マンションの防犯は?

キャラを使ってると、女が女にしかからないような話題をふってくることが

多々ある。それら全てをうまく、完璧に演じきるのは難しいわけだよ。

野良PT程度の付き合いならともかく、長期的に付き合ってると、100%バレて、

あいつ絶対、男だよねー。」ってことになる。

じゃあどうするか?簡単で、男キャラを使えばいいんだよ。

完璧な女を演じるんじゃない、違和感のある男を演じるんだ。

普段は普通の男のように振舞っていて、ときおり、女っぽさを出す。

露骨じゃなくて良い。違和感程度で良いんだ。

違和感をうまくコントロールして、ターゲット疑念を抱かせろ。

そして、あくまで男キャラとして振る舞ったまま、標的に女であることを「発見」させるんだ。

このやり方だと、周りからは男キャラとして扱われるから、変な話題を振られることもないし、

標的は女であることを自分の力で見抜いたって思ってるから

自分発見を信じたいってバイアスがかかっててヤバイ発言しても

女のままでいられる。

いいか、大事なのは完璧さじゃないんだ。違和感を操ることなんだ。


新しいネトゲを始めるときは、このやり方を試してみようと思う。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20140807195614

記事への反応(ブックマークコメント)