2014-01-01

去年は「選択と集中」を進めた結果

一番大事ものに集中するために切り捨てたもの達の大切さを思い知った年だった。疎遠になった趣味の連中と大晦日久々に集まったことでもそう思った。彼らの時空間では俺が素晴らしいと思う何かが成長していた。でも俺はその場にいないことを断腸の思いで選んだのだった。結論、人生は何をやっても後悔する。それでも何かを成功させるためには、ぶれない心を持って割り切るしかない。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20140101122229

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)