2022-10-03

超音波検査士さんのお尻

このあい健康診断に引っかかった項目があったので、超音波検査をやったのだけれども、なぜか超音波検査士さんのお尻がずっと私に当たってた。

別に嫌だというわけじゃない。もともと他のひとに何かをしてもらうのは好きなほうで、美容師さんに髪を洗ってもらったり頭皮マッサージをしてもらったりされると気持ちがいい。歯医者さんで口を掃除してもらうのも好きだ。たまに歯科衛生士さんのおっぱいがあたってるような気がするけれども気にしていない。その角度から作業してたらそりゃ当たるよねとしか思わない。他人から丁寧に触れられるのはもともと好きなんだと思うし、まじめに仕事してるときに体が当たっても全然嫌な気持ちにならない。

でも、ベッドが狭いせいだろう、検査士さんが仰向けになった私の腰のあたりに座って、腰をひねりながら私のお腹超音波検査していると、検査士さんの体温が伝わってきて、さすがに距離感近すぎないか? ってびっくりした。相手はいものことだから何とも思っていないんだろうけれども、こっちは陰毛ぎりぎりまでパンツをずり下げてるし、お腹のぬるぬるは生暖かいし、ベッドのうえで二人きりだし複雑だ。

それに膵臓を見るためなのか私を横向きに寝かせたときは私のお尻に検査士さんのお尻がぶつかって、お尻とお尻がお知り合いになって、ちょっと高い体温が伝わってきた。いいのか検査士さん。私のお尻は嫌じゃないのかい

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん