2020-04-14

消極的野党を支持しても裏切られるだけ」という呪い

「いったん何かが手に入ると期待したのにそれが裏切られる」というのは、最初から何も与えられない以上に悲しいしムカつく

今回の給付金騒ぎでもそういう感想を抱くに至った人は少なくないのではないだろうか

自民党消極的支持者というのも結局はこれなのだと思う

民主党政権時代が今と比べてどうなのかは別としても、「当初の期待を裏切られた」という印象を国民は持ってしまっている

アベが何かやってくれるとは思っていないし、アベノミクスも信用していない

しかし今更野党やそのシンパの言うことに乗せられてまた裏切られるくらいなら、初めから誰も何も信じない方が精神的にはややマシである

そういう意味では立憲民主党の「こっちも具体的な期待は何もさせないがとりあえずアベだけは絶対ダメだ」という戦術完璧に正しい

よくアベガーと揶揄されるが、それこそ彼らにはアベガー以上の戦術など存在しないのである

今更国民民主党や維新みたいに期待を持たせようとしたって無駄

そんなもの国民は信じていない

まして彼らは期待だけさせて裏切った前科があるんだから、もうそうするしかない

  • 野党は信頼されていない。裏切られると思われている。 短期ではアベガーしかない。全くその通り。    しかし、結局のところアベガーをしても政権をとることは出来ないのはわかっ...

  • そこで共産党ですよ

    • ぶっちゃけ108兆円の欺瞞をまっさきに暴いたのがれいわと共産だったからな。 立憲民主は財政均衡の呪いに完全に毒されてるから見て見ぬ振りを感じた。 最近国民民主が変わってきてい...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん