2008年07月05日の日記

2008-07-05

コンサートとかライブとかリサイタルとか演奏会とかに行ってみたいんだけどマスゲームに参加させられそうなのが嫌だ。

拍手くらいだけしてあとは座って聞いていたい。

http://anond.hatelabo.jp/20080705223941

子供を生むか産まないかで、結婚するかしないかを判断すべきだと思う。

子供を生みたくないのであれば、結婚しなければいい。

男の中には結婚したい人が多分多いだろうけど、中には結婚したくないって人もいるだろう。

結婚は男にとっても束縛だと思うし。

そういう男性の方と付き合った方がよいと思います。

http://anond.hatelabo.jp/20080705234133

100年後の気温が3℃上がり(かもしれない)先進国含めた(かもしれない)世界の10億人ぐらい(かもしれない)の人がすげー困る(かもしれない)くて

原因は二酸化炭素(かもしれない)でその対策によって二酸化炭素が5%減らせるんだけどそれによって問題が解決できる(かもしれない)問題と

毎年1000万人以上の後進国の人が感染症や水汚染で死亡していてその気になればすぐに解決できる問題

この程度じゃね

体育会系ではないと自負されるかたに逆に質問を…

大学時代、なにか目標を達成するために真剣に打ち合わせした経験がおありですか?

http://anond.hatelabo.jp/20080705215040

体育会系が居ても誰も意見をはっきり言わずグダグダになる可能性が高い

そうですね。

ただ、少なくとも自分は真剣に打ち合わせる機会が沢山あったおかげで、大学時代からそういうことができるようになりました。

体育会系にはそういう人が存在する確率が高いのかもしれませんね。

http://anond.hatelabo.jp/20080705211422

でもリソースは有限だからトレードオフありそう。

そもそも感染症になりにくい生活するにはエネルギー経済発展も必要だろうし。

久しぶりにホッテントリみたら

池田さんがまとめしててびびった。

http://anond.hatelabo.jp/20080705220130

一応突っ込んどくが、ヨーロッパ系の言語でも主語目的語とかの省略があるのはよくあること。ないとされてるのは現代英語くらいのもの。ひょっとして英語普通欧米言語だと思い込んでないか?ヨーロッパ系の言語動詞形容詞主語とかに合わせて語尾等を変化させるのが一般的なはず。だから省略しても通じる。英語はそういうのはBE動詞三人称単数くらいしかやってないから略すると通じなくなりやすい。英語でも日常会話なら略して空気のようなもので把握させたりはするだろうけどね。

http://anond.hatelabo.jp/20080705223941

「大体2年後(あくまでも予定)」ってところが気になる。

彼氏も本気じゃないんじゃない?

http://anond.hatelabo.jp/20080705223941

もうそんなら始めから付き合うなよ。

http://anond.hatelabo.jp/20080705154555

ちがうよ!サービス残業をやらされても文句を言わないとか、理不尽な命令でも文句をいわないとかそういうこと。

どれいだね!!!

なるほど。でも大抵の会社仕事って個人にとっては理不尽だと思うよ。さらに消費者を相手にしたときの会社の人は奴隷以下のロボットくらいの扱いだよね。それを受け入れなきゃいけないならみんな奴隷じゃない?

まぁ、なんにしても「どれいだ!」って言いたいんだね。それはわかるよ。ボクも奴隷は嫌だモン。

部下ならバカにしてもいいんですね!わかります!!!

勝手なボクの解釈だけど、元増田感性からいえば仕事が出来て優秀な人は、それが出来ない人と区別されて当然だって意識があると思うよ。そういう意味では、部下(すなわち自分より仕事の出来ない人。現実上司であっても仕事が出来なきゃバカな格下)をバカにしても良いという感覚だと思うよ。

んで、ボクはね。仕事が出来るとか出来ないとか立場や見方に次第でいくらでも評価を変えられるようなものを軸にしちゃいけないと思うんだ。結局のところ評価できる軸がないのだとしたら、みんなで仲良く過ごせるってことだけを目標仕事をすればいいと思うんだよ。だからこそ最低労働賃金と雇用契約書が重要だと思うんだよね。

http://anond.hatelabo.jp/20080705092603

体育会ってけっこうしんどいよ。

毎日練習行って(欠席すると怒られる)、下級生のうちは雑用も鬼のようにあって、もちろん大学の勉強だってある程度はしなきゃいけない。

そういう中で、4年間とかの期間、きっちりサバイブしたっていうのは、それだけで一つの能力じゃないかな。

理系は、学問と実社会の関係が比較的強固な分、そっちの能力のほうが優先的に評価されるってことじゃないかな。

http://anond.hatelabo.jp/20080705223339

箸でぐるぐる渦を作って油の流れる様を観察するのもまた一興。

Re: http://anond.hatelabo.jp/20080704190120

nagas本人乙。

例のはてな社員idみてほくそ笑んでるぞ。

http://anond.hatelabo.jp/20080705223339

あるある!

何か、世界を操っている気分に浸れる。

彼氏に感じる違和感

なんだろう。自分がおかしいだけなのかもしれないけど。

ついこの間、彼氏から「結婚しよう」と言われた。

時期はまあ、大体2年後、ということだった(あくまでも予定)

女に産まれたからには「結婚しよう」といわれたら天にも昇るような心地で

とてもうれしく思えるのだろうが、意外なことに自分はただ「ふーん」という感じで

正直なところ、あまり嬉しいという感情は沸かなかった。

さいころから親が夫婦喧嘩するのをよく見ているし、姉が子育てやらなんやらで、良くも悪くも色々結婚

現実を見せてくれているので、冷めているのかもしれない。

後、もう一つは「自由が束縛されるなあ」という漠然とした不安がある。

これは、どっちかというと男っぽい考え方なのだろうと思うけれども、例えば姉を見ていると、結婚すると相手方の親戚とのつきあいも考えなければいけないし、とにもかくにも「面倒くさい。」

男の人が結婚を面倒くさがるのも、一人暮らしなどに比べて生活に融通が聞かなくなるし、子供なんて産まれれば、子供様様(藁)のお相手で精一杯なわけだしね。

こういう事を言っている時点で、自分は多分結婚には向いていないのだろうと思う。

しかし、別に料理家事が嫌いなわけではなく、住環境を大事にすることそれ自体は好きなほうで、料理とかの本を眺めているのは楽しい

ただ、そこに付随する「暮らし」以外の要素があまりにも重いなあと思えてしまうので、冒頭のような心境が生まれるのかもしれない。

後、ぶっちゃけ、これから仕事に打ち込みたいし、覚えることも一杯あって、とにかく大事な期間なのに、そんな時にんな細々したこと考えてられっかよ!という心境。

しかし、そんな自分でも29ぐらいになったら

結婚していた場合 →あーよかったとか考えている

していなかった場合 →必死に結婚相手を探している

のだろうか?

後、やつは多分どっかしら煮え切らないものを感じていると思う。

私が子供を産みたくないということは知っているが、自分は欲しいと思っている。

これから先気難しい彼女(=私)を説得するのか、もしくはあきらめるのか、それとも最悪な結末として「別れ」ることになるのか、わからない。

どうして男性は(あるいは女性も)子供を欲しがるんだろう。

養子じゃだめなの?自分の遺伝子を受け継いでないとダメなの?

というか、女である以上絶対に産まないといけないの?

産まないと女=嫁候補じゃないの?

こんなイジメがあったり何かと金のかかる、自分だけが生きていくので精一杯な世の中で、子供を産むって自分には狂気の沙汰にしか感じられないのだが。

こういう事を言うと大体「そういうやつに限って子供産むんだよねー」「産んでみたら可愛くなるよ」「女に生まれたからには子育てをして云々」とか、無責任かつバカな発言を繰り返す香具師が男女問わず必ずいる。

こいつらなんなんだろう。「女は無条件に子供を産む」教でも入っているんじゃなかろうか。

考え始めると本当に疲れるけれども、女である以上ひしひしと猶予期間は過ぎていくわけで本当に面倒くさい。

こういうことに関しては、あまり考えなくていいぶん、男の人が羨ましく思える。

男性は「産む」ではなく「産んでもらう」だけだしね。

なんとなく、今の彼氏とは、子供云々の部分でいずれひと悶着あるのではないかという不安が拭えない。

価値観が一致しなければ結婚も、結婚生活を続けることも無理という事を、やつはわかっているんだろうか。

愛だけでなんとかなることなんて、この世の中にほとんどありはしないのに。

http://anond.hatelabo.jp/20080705211532

ラーメンのつゆの上に浮いてる油をはしでつついて一箇所に集めて巨大な丸作るやつだよね。ハマるハマる。

世の中の全ての言葉を無防備に受け止めないでね。

anond:20080705221607

国語嫌いの元増田

とは誰のことを指していますか?http://anond.hatelabo.jp/20080705220130を書いた私でしょうか?それとも、http://anond.hatelabo.jp/20080705211857を書いた方ですか?『元増田』という非常に不安定な名詞で誰を指しているのか察しろというのは、それはまさしく空気を読め、という文化の話にならないでしょうか?

また、私自身は日本語は非論理的であることも論理的であることも出来るという点で欧米圏の言葉よりも優れていると感じています。

http://anond.hatelabo.jp/20080705220130

富士山が見える』

"Fuji is seen."

日本語専門家に限って日本語をおとしめようとするのは悲しい

国語嫌いの元増田

納税の見返りには、何を期待しよう。

国民には3つの義務があるとされる。

子供教育を受けさせる義務、労働する義務、税を納める義務の3つだ。

なぜこのように3つに分類されるのかはよくわからないけど、前者2つは義務であると同時に権利とも言い換えることができる。

しかし、税を納める権利、とはなかなか言わない。

では、ひとが税を納める義務に対応する権利とでもいうべきものはどのように表されるのだろう。

それはおそらく、公民権というものだと思う。これは辞書的な意味での選挙権や被選挙権といった参政権の他に、広い意味では警察病院道路学校など社会生活上の公的サービスを享受する権利というものも含むとここでは考える。

これらの幅広い公的サービスというのは、市場原理に基づいた経済活動ではなかなか満たされないニーズだとされる。みんなにとって大事だけど、儲からないと。だから政府のような公的部門がみんなを代表して、税というかたちで財源を徴収して、一括的に公平なサービスを行う、とされる。

だから、ここで“納税義務と公民権”というかたちでフェアな対応関係存在することになるし、その執行する主体である政府は、納税者に対してできるだけフェアになるように行政活動を行わなければならない、ということにもなる。(もうひとつ、税制にはお金持ちと貧乏なひとの資源の再配分という効果もあるのだけど、ここではさておき。)

これが一般的な民間のサービスだったら、コストパフォーマンスの対価的関係がわかりやすい。払った分が、当然、商品サービスという形で還元される。しかし、行政活動はなかなかそれが見えにくい。(そもそも行政法的思考からすると、税には公共サービスとの対価的関係存在しない、という考え方もあるが、それはさておき。)

政府お金無駄遣いして、納税された分に対して十分な公民権をペイしてくれないかもしれない。とすると、この納税義務と公民権のフェアな関係の正当性はどうやって担保されるのだろう。

これは、三権分立のチェックアンドバランスの考え方からすれば、行政権に歯止めをかけていくのは、立法権司法権である。一般の人は司法権にほとんどタッチできないから、やはり行政活動に対するメジャーな歯止めの手段としては立法権、つまり参政権の行使というのが一番身近なものだと思う。

というか、逆に言えば一般的には選挙での一票でしか行政に対する自らの意思表明を行えないのです。

ここが今回の考慮すべきところだと思うのです。

つまり、この国で普通に生活するだけで、所得税固定資産税消費税ガソリン税といった様々な納税行為が強制的に課されるにも関わらず、それに対する異議表明は、例えばデモオンブズマンによるチェックなどもありますが、究極的に実効性があるのは選挙での一票という、非常に限られたものである点です。

あまりに当然と言ってしまえばそれまでなのですが、僕には納税義務という大きな負担と、その見返りたる参政権、異議表明のための権利の小ささがバランスとして釣り合わないような気がするんです。

ちょっとうがった見方をすれば、民主選挙という装置が存在しているがゆえに、その納税義務がいつのまにか、いつも正統化されていまっているのです。「お前たちが決めた政治家の判断だ。文句あるまい。」と。

ただ、逆に今以上に一般のひとたちに税の使い道を決める裁量権を与えるから自分たちで決めてください、というようなシステムになったとき、はてどうしたものかと、もっと困ったりしそうだな、と思ったりもします。

つまり、国民は税さえ払っていればあまり細かいことを気にせずに・タッチせずに自動的に安全、安心を得られる、というのも行政のひとつのメリットでもあると思うんです。

このように、納税義務とそれに対する異議表明手段のアンバランスさというのは不条理に僕は思うわけですが、かといって税の使途を細かく裁定するような手間や専門複雑性の問題から、その裁量権の行政府への大まかな負託というのもまた、あまり軽視していいものでもなく、これがまた問題を難しくしているのだと思います。

anond:20080705214343

日本語は場合によって主語目的語や動詞など、あらゆる単語の省略が許される時点で、欧米諸国の言語と比べると非論理的です。そして、それらを省略せずに論理だった文章を書くことも出来る言語でもあります。

『僕はうなぎだ』という文章が日本語として成立しているのを考えていただければわかると思います。そしてこの文章が日本語として成立する背景には、みんながお店でメニューを注文しているという場の空気がどうしても必要です。しかしながら、動詞を省略せずに『僕はうなぎを注文する』といってもいいわけです。

主語の省略については、『富士山が見える』という文章がいい例となるでしょう。富士山を見ているのは誰なのか?富士山が見えるのはどんな状況に置いてなのか?それを日本語場の空気で表します。これを場の空気に頼らず、『僕は今富士山を見ている』というように状況や誰が富士山を見ているのかを明確にすることもまた出来ます。しかし、少なくとも英語では"I see Mt.Fuji."を"Mt.Fuji is viewing."などという変な英語で置換することは決して出来ないのです。逆に言えば、英語主語の省略が許されない点で日本語と比べると論理的である(というより、論理的でなくては言語として成立しない)といえると思います。

Re:体育会至上主義への疑問

>>http://anond.hatelabo.jp/20080705092603

体育会出身者のもつ特徴と会社組織

体育会系組織はタテ社会で先輩、後輩の上下関係がしっかりしている。

上から指示をもらって行動することに慣れている。

部長主将などは仕切ることに慣れている。

伝統、慣習を重視することに慣れている。

組織価値観に染まることができる。

組織の構成員とそれなりに仲良くやっていける。

体力がある。

これらの特徴を持っている人は日本企業仕事の仕方と親和性が高いから重要視されるんじゃないだろうか。

では日本企業仕事の仕方ってなんだろうか。

上司の命令によく従うこと。

同僚と協力して仕事を進められること。(少なくとも進めているように周りからは見えること)

いちいち文句を言わないこと。

長い時間働くこと。(長く働いている方が働いている人と思われる)

部下に仕事を与えてやること。

同僚が困っていたら自分の仕事ではなくても助けてやること。

結局のところ日本企業は文句を言わず指示に従う兵隊がほしいってことなんじゃないかな。

さすがに全部じゃないけど、そういう人がほしい企業は多い。

じゃあ、そこでどうやったら幸せになれるのか?

思考を停止して組織価値観を自分の価値観だと思い込むこと。

あるいは、

仕事仕事としてこなして、別のところに価値を見出すこと。

おわりに

こんなこと書くと日本企業とか体育会出身者を攻撃しているように見えるかもしれないけど

そのような意図はない。

劣っているとは思っていないし、まして優れているとも思わない。ただそれだけ。

http://anond.hatelabo.jp/20080705214236

でもそれって、アメフト体育会も何も関係無い、単なる貴方の個性・能力だよね。だって、

チームのミーティングなどでも、最初から意見をはっきり言う人間は少なくて、gdgdに終わってしまうことが多かった

って書いてあるんだから、それはつまり「体育会系が居ても誰も意見をはっきり言わずグダグダになる可能性が高い」ってことになるよね。

http://anond.hatelabo.jp/20080705211857

 本題から逸れまくり

日本語論理だった言語ではなく、『空気』を察することを前提とする非論理的な言葉だと言う。

 時々見かけるこの手の言い回しに強烈な違和感を抱いてしまう。

 ○○語に比べて△△語が論理的とかどうとか、

 論理的じゃない言語とかあるわけないだろー。

 とりあえず「日本語」という言語の話と、「空気」という文化の話がごっちゃになってる気がする。

(「空気」が非論理的って考え方もどうかと思うけど)

 大学先生なら日本語論文を書くこともあるだろうになあ。

 なんでこういうこと言うんだろ。

http://anond.hatelabo.jp/20080705092603

大学アメフトをしていました。

社会に出てから一番役に立っていそうなのは、

どんな場所・状況でもあえて空気を読まずに率直な意見を言い、

議論を生みだす叩き台を作るという能力でしょうか。

大学時代、チームのミーティングなどでも、最初から意見をはっきり言う人間は少なくて、gdgdに終わってしまうことが多かったので、

まず自分が一番最初に意見を言って、それに対しての皆の反応からスタートするようなやり方を取っていました。

社会に出てからも、同じような事をやっています。

みなさん、方向性の修正は出来ても方向性を生みだすってのはなかなか出来ないようですね。

あと、本音すぎて誰にも言っていませんでしたが。

人と対峙した時に、暴力ではまず勝てるだろうという所が利点ですね。

「いざとなったらヤってしまえばいいし」という所でしょうか…。

もちろん、絶対に暴力は振るいませんが、人間どんな事でも逃げ道があると余裕が持てるみたいです。

おかげで人前でもほとんど緊張しません。

参考になれば幸いです。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん