2015-01-12

42歳で妊娠した

42歳。妊娠した。

結婚13年目。

ほしくてほしくて、でもできなくて、

泣いて諦めた果ての、

まさか妊娠


不妊治療は、32歳から35歳までした。

2回流産して、2回目のとき

もうお子さんは諦めた方が…って

言われた。

同居の姑とは結婚当初から

うまくいってなかった。

心が折れて、仕事も辞めた。

きっと、別居すれば良かったんだと

今なら思うけど、

生きてることが辛くて、

何も考えられなかった。

幸い、前の職場上長がいい人で、

紹介されたパートをしながら

ちょっとずつ社会復帰をはかっていたら

乳がんが見つかった。

死ぬのかなって思ったら、

ダンナものすごく申し訳なくなった。

私と結婚して、この人は何かいいことあったんだろうか。

運良く初期だったので、

無事に手術できた。

そこから仕事に復帰して、

お金を貯め始めた。

元が保険屋で、いろいろかけてあったから、

治療しながらでも、何とか、まとまった金額を作れた。

家を買った。

さな中古マンションだけど、

から逃げた。

しばらくして、止まってた生理が戻ってきた。

そして、妊娠してることがわかった。

正直、年齢的にも、体力的にも、治療で随分薬を使ったことにも、不安がある。

こんな小さな家で、どうやって育てるのか、

保育園小学校中学高校

子供が大人になるまで私は生きていられるのか、

考えるだけで、不安で吐きそうになる。

10年前なら良かったのに。

そしたら、私も若かったし、正社員で働いてたか休みだって育休給付金だってたくさん貰えたのに。



でも、今、流される人生はイヤだ、

せめてダンナには私と結婚して楽しかった面白かったって思ってほしいって

考えられるようになったか

神様が、このチャンスをくれたのかなとも思う。

これからダンナ妊娠を知らせる。

から手が震えるほど緊張してる。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20150112224124

記事への反応(ブックマークコメント)