2014-03-15

前乗り後降り・運賃不均一バスは、不便だ

愚痴ネタ

都内バスだと、「前乗り後降り、運賃均一」でわかりやすい。

一方、関西とか、或いは広く全国的には、「後乗り前降り、運賃不均一」なバスが多い。

この場合、乗車時に整理券を取って、後者時に整理券に合った運賃を支払えばいい。わかりやすい。

ところが、不思議なことに、多摩地区神奈川には

「前乗り後降りだが、運賃が不均一」というバス存在する。

この場合、どういうことになるか?と言えば、

「乗車時に、運転手に行先を告げ、それに合った運賃を支払う」ことになる。

から自分は、この手のバス不思議で仕方なかった。

仮にA停留所まで200円、B停留所まで250円だったとして、

自分はA停留所まで行きます」と告げて200円だけ払い、しかしA停留所では降りずに、

何食わぬ顔でB停留所まで乗り続けても、果たして運転手がそういう不正乗車を見破っているとは、思えないのだ。

まあ空いてるバスなら見破れるんだろうが、多摩地区神奈川地区バスはそこそこ混んでいるから、

そこまで監視するのは難しいと思うのだが。

で、昨日、豪雨の中、初めて行く場所へ行くために、神奈川中央バスに乗車した。

ケータイナビサイトに表示されたバス停まで乗車しようとしたが、運転手に「行先は?」と聞かれた。

で、行先を告げても、「そんなバス停、ないよ」と言われる始末。

「●●の最寄のバス停ですよ」と言っても「わからない」とのこと。

しかたないので、ケータイナビサイトの画面を見せて、「このバス停ですよ!!!」と運転手に主張した。

それでようやっと「ああ、そのバス停ですね」とのレスポンス

どうやら、難読地名バス停で、音読訓読みを違えて自分が発音したため、通じなかったらしい。

・・・このやり取りをしている間、自分の次にバスに乗り込もうをしている乗客10名ほどが、

バス入り口で、傘を差しながら、いや、傘が無意味暴風雨でずぶぬれになりながら」、待っていた。

自分の後続の客から見たら、

バス停名前も知らないKY客のせいで、バス乗車もできず、自分達が濡れ鼠になってしまってる」

ということで、自分に対して怨嗟視線を向けていた(ように、自分には感じられた)

前乗り後降り運賃不均一バスというのは、システム上「自分の後車バス停を正しく認識し、かつ正しく発音できる乗客」が

大前提システムであり、自分のような地理不案内者は勿論、言語障碍者外国人などにも「優しくないシステム」だと思うのだが・・・

それでも「前乗り後降り」を神奈川中央バス採用する「理由」を、誰か教えてほしい

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20140315000238
  • http://anond.hatelabo.jp/20140315000238

    都バスの様に均一運賃にするのは嫌(それは単に会社の方針か、1つのバスの最大距離の問題だと思うけど) 後払い出来る様に整理券の発行機を付けるのは嫌(金がかかる) というこ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140315000238

    昨日、川崎で市バスに乗ろうとして、停車したバスのドアが開くの待ってたら、後ろのドアから降車客が降りただけで、俺のことスルーしてぶううううんっていっちゃってすごく悲しく...

  • anond:20140315000238

    神奈中バス使ってるけど、見たことなかった。そんなのがあるんだ。そのバスはpasmoは使えないの?

  • http://anond.hatelabo.jp/20140315000238

    京王バスにも前乗り後ろ降りのバス走ってるよ。 それも区間で分かれているのではなくて、同一の区間に後ろ乗り前降りと前乗り後ろ降りが混ざってる。 なおかつ、それと同じ区間に前...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140315000238

    エリア毎に均一料金が違うから(川崎市内200円、横浜市内210円等) 違う料金のエリアを跨ぐ路線だけ料金が変わる

記事への反応(ブックマークコメント)