2013-03-26

猫との契約が満了した

家の苗字と猫の名前電話番号が記された首輪は、契約のしるしみたいなものだと思っていた。

契約内容は、こんな感じ。

わたしたち家族は、猫に対し適切な居住空間とご飯と愛情提供すること。期限は、神様の定める時間まで。

猫は、同じ家に住んでくれればいい。期限は、神様の定める時間まで。

昨日の朝、よろよろとだけど歩いていて、母にいつにないくらいかわいい声で「にゃん」と言ったらしい。

そのあと、わたしが起きてきたときは、ちょっと歩いては床の上にじっと伏せっていた。

寒くないのかなと思っていたら、よろよろとコタツにかけてある布団のうえにたどりついて、横になっていた。

そこから何度か起き上がろうとして、なんとか前脚と頭は起こしたけれど

立ち上がることは出来なくて、パタっとまた横たってしまった。

そして、それから2時間もしないうちに、変なセキみたいなのを小さく何度かして脚をちょっと動かしたのを最期

もう二度と動かなくなってしまった。

猫の体を拭きおわって、母が「首輪をはずしてやろう」というので、はずした。

契約が満了してしまったんだと思った。

ダンボールタオルひいて、仏間に置いた。

猫をかわいがっていた、ジジババが迎えにくるといいなと思った。

今日ペット葬儀屋さんにお願いしてきた。

インターネットで見たような、ペット葬儀トラブルが頭をよぎったけど、そんな心配無用だった。

お別れ前に、なでた体は、当たり前だけど冷たくて、やっぱり死んだんだなと思った。

肉球も冷たくなっていたけど、ぷにぷにしていて、まだその感触を思い出せる。

家に猫がきたのは、高校に入学した年。そんなわたしも今は、結婚して隣の県に住んでいるんだけど

夫が数日家をあける予定だったので、たまたま実家に帰っていたこと。

父は、とくに予定がなかったからいいとして、母は予定があったんだけど

たまたま前日お風呂椅子に座りそこねて、たいしたことはないもの

予定をキャンセルして家にいたこと。

たまたまかもしれないし、自己満足かもしれないけど、家族で見送ることができてよかった。

らんまの隙間から出てきたり、ふすまをサッと開けたり、ウンチはいつも埋めない、

台所に人がいるとゴハンを要求してくる、猫好きの親戚のおじさんのあぐらの上で寝たり、

ばーちゃんの股のあいだに寝たり、父の背中に乗ったり、シーチキンの缶を開けたら目をらんらんとさせたり、

なでていてゴロゴロいってると思ったら噛んでみたり、毛玉ゲロってたこととか、

他にもたくさん思い出すと悲しいんだけど、猫と暮らせた時間はすごく幸せだった。

眠くないし、ちょっと気持ちの整理に。

ゆっくりしてきていいよと言ってくれた夫、ありがとう

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20130326234243
  • ご冥福をお祈りします

    http://anond.hatelabo.jp/20130326234243 猫ってそういうところありますよね。 自分も昔、飼っていた猫がたまたま帰省した日に永眠した経験がある。 猫は不思議な生き物。

記事への反応(ブックマークコメント)