2008-04-07

何をやらないかを選択するという厳しいトレードオフに耐える強い意思

競争戦略 M.E.ポーター

戦略ポジショニング

より高水準の経済価値を生み出す唯一の方法は、

独自の方法で競争し、コストリーダーシップを得るか、

プレミアム価格を要求できるかである

常に収益性に焦点を絞り、

独自のバリュー・プロポジション価値の提案)を打ち出す能力を持ち、

そして「何をやらないか」を選択するという

厳しいトレードオフに耐える強い意思が必要である

Amazon.co.jp: 競争の戦略: M.E. ポーター, 土岐 坤, 服部 照夫, 中辻 万治: 本

意思の行為はことごとく自己限定の行為である。

ある行動を望むとは、すなわちある限定を望むことなのだ。

(中略)

何物かを選ぶことは、他の一切を捨てることである。

ギルバートケイス・チェスタートン(Gilbert Keith Chesterton)


[機会費用][選択と集中]人生はトレードオフ

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20080407125556

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん