「銀河美少年」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 銀河美少年とは

2021-06-20

anond:20210620204332

銀河美少年STAR DRIVER 輝きのタクトってボンズ製作ロボ・異能バトルアニメがあって

それの謎に包まれラスボス(子安武人)がやりたかったのは巨大なタイムマシンを作って80年代死ぬまで繰り返す事なんだ

よかったら見てみてくれ

2021-03-29

萌アニメ96選

s: 複数作品シリーズ

Re:ゼロs、アクダマドイブ進撃の巨人s、ログホライズンs、かぐや様は告らせたいs、三月ライオンs、Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀s、メイドインアビスs、バビロンゴールデンカムイs、やがて君になる風が強く吹いているFate/zeroロードエルメロイⅡ世、occultic;nineシュタインズゲート僕だけがいない街約束のネバーランド一期、プリンセスプリンシパルガンダムビルドダイバーズRe:Rise、SSSSグリッドマンチェインクロニクル波よ聞いてくれ(ヤマト2199(TV))

 

SHIROBAKO幼女戦記将国のアルタイルモブサイコs、ノーゲームノーライフDr.STONE-s、体操ザムライ、ヒナまつり少女週末旅行クジラの子らは砂上に歌う宝石の国新世界より六花の勇者戦う司書絶園のテンペスト放浪息子キノの旅ハクメイとミコチ、2.43、刀使ノ巫女ニセコイs、ラディアン、プラネットウィズまどか(反逆込み)、俺ガイルs、同居人はひざ時々頭のうえ。 ,BEASTARS-s、PSYCHO-PASS

 

ガンゲイルオンラインダーウィンゲームAIR恋は雨上がりのようにはたらく魔王さま神撃のバハムートVS、SAO3前半、ジャスビコ、ヴァイオレットエヴァーガーデン氷菓ケムリクサ、リリスパ、WCWACCA憂国モリアーティs、終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?魔王学院s、魔法科高校の劣等生s、ようこそ実力史上主義教室へfate/UBW無能なナナケムリクサ、ガルガンティアキズナイーバーガールズアンドパンツァーオーバーロード月がきれい極黒のブリュンヒルデシンフォギアXV(5期)、バミューダトライアングルカラフルパストラーレ、(ヤマト2202(TV))

  

▢彼方のアストラ、Lapis Re:LiGHTsかくしごと海月姫ウマ娘s、少女歌劇レヴュースタァライト、、天体のメソッドシドニア一期、慎重勇者棺姫のチャイカBeatlessブラックブレット世紀末オカルト学院放課後のプレアデス、ゆゆゆ一期、僕らはみんな河合荘lord of vermilion、禍つヴァールハイト -ZUERST-、NOBLESSE、花咲くいろは甘々と稲妻銀河美少年スタードライバー境界の彼方、k

ハッピーシュガーライフ

昔の奴、コーナー

天空のエスカフローネ

2019-06-22

anond:20190622140222

銀河美少年輝きのタクト主人公登場機では帽子の羽が蒸気(公式設定)

とてもベイマックスとおなじメカデザとはおもえないデザイン幅のひろさが

そこがいい

君もグラデーションボーイ教にはいらないか 素質があるぞ

2014-12-19

http://anond.hatelabo.jp/touch/20141218123559

わかるわー、

俺もスタードライバーが大好きなんだけど、

友達に「主人公銀河美少年に変身して悪の組織と戦う話だよ」

って説明して「?」な顔をされた苦い経験がある

2010-09-25

SFロボットアニメが急速に陳腐化しつつある件について(再論)

 

 俺が前に書いた表題の床屋談義について(http://anond.hatelabo.jp/20100923234530)。

 暇なはてな民の方々からそこそこ意見が寄せられてきたのでここらでみんなの意見を踏まえつつ再論する。人によってはSFという言葉過剰反応したり、「SFロボットアニメ」の定義がわかんねえよとの声があったが、語義を巡る議論に深入りするのは主眼ではない。ここでは差し当たって「巨大なロボットとそれを指揮するキャラクター物語の中心となる近未来アニメという意味として便宜的に使わせて頂くのを許して欲しい。近所のレンタルビデオ屋にある「SFロボ」のコーナーはこれで並んでおり、一般的な認識ともそう離れてないと思う。(これだとたとえば、「鉄腕アトム」や「攻殻機動隊」は近未来だけどOUTとなる、一方で「パトレーバー」はINとなる。)

SFロボットアニメ陳腐化現象について

 で、上記のように定義づけると、「トランスフォーマー」のように「テレビくん」で販促しているようなキッズ向け作品に関しては好調なものはあるものの、従来の大きな柱であった「アニメージュ」で取り上げるようなティーンネイジャー以上をターゲットにしている部類では、陳腐化は間違いない。

 たとえば最も有名なタイトルであるガンダムシリーズは、作品数の減少が顕著だ。90年代には「V」から「∀」まで5つのテレビシリーズ(加えて複数のOVA、映画)がリリースされた。しかし、00年代に入ると、テレビシリーズの新タイトルは「SEED」(続編含む)、「00」の2つだけだ。

 ガンダム以外にも、90年代には「エヴァンゲリオン」「機動戦艦ナデシコ」など今も語り継がれる新タイトルのヒットがあった。今冷静になって振り返るとこれロボット出す必要あんのか、という作品までロボットが登場していた。具体的には、「神無月の巫女」や「エスカフローネ」、「サクラ大戦」(これはアニメというよりメディアミックス作品だが)などだ。00年前後までは「ロボット」は登場人物を引き立たせる定番の構成要素だったと言っていいかもしれない。

 しかし00年代にはいって、男の存在を抹消した萌えアニメの隆盛と入れ違うようにしてSFロボットアニメプレゼンスが消えていった。中でも象徴的な出来事は07年の「グレンラガン」だった。久しぶりにガイナックス制作するSFロボットアニメで、内容的な出来も(個人的には)期待を裏切らないものだったが、その影響力は同時期に放送していた「らき☆すた」の方が完全に上回っていた。「エウレカセブン」や「創聖のアクエリオン」は、事前プロモーションメディアミックスで力をいれていたものの、作品としてはことごとくコケた。この2作品が今でも人々の記憶に残っている理由は、アニメの成功ゆえではなくパチンコで行きを吹き返したおかげだ。

 結局、世紀が変わった当たりからSFロボットアニメは定番タイトルの続編が少なく新タイトルもろくなヒットが出てこなかった、ということになる。

どうしてこうなった

 はてな民からのコメントに、「企業が興味を示さなくなったから」というのがあったが、これは結果と原因を取り違えている。企業側の主導で消費のトレンドを作るのは電気製品などではよくあるが、アニメトレンド消費者が主で企業が従、がこれまでの流れだった。重要なのはなぜ消費者が興味を示さなくなったかだ。

 それは「21世紀の現代に適応できた新しいSFロボットアニメ像を提示できていないから」。繰り返しになるが、やはりこれが一番大きいと私は思う。「ロボが出てくる未来のおはなし」だけではもう飽きた、というわけだ。前回のエントリに対し、別のはてな民も『電脳コイルゼーガペイン見たときに思ったのが「これ、ロボアニメである意味あるか?」だったなぁ』と回顧している。SF的な未来世界の中に「巨大な人型ロボット」の存在は間違いなく時代遅れになりつつある。

 実際、ストーリーはすでに出尽くされ感がある。たとえば、

14歳の少年早瀬浩一は、ある日“事故”により、少女と出会い、巨大人型メカ「ラインバレル」を手に入れた。何も出来ず、正義に憧れているだけだった少年の周りは、彼が圧倒的な力を手に入れたことでめまぐるしく動き始める。新しい仲間と出会い、友人と別れ、守るものを背負い、自らを囲む世界と向き合い、やがて少年は成長してゆく。

 これは2008年に放送された「鉄のラインバレル」のストーリー紹介だが、これにたいして海外掲示板にすら「俺たちは同じようなアニメを幾つもみてきたんだよ!」って放送当初からキレていた人がいた。

 設定や描写も現代では通用しなくなっている。空気のない宇宙でバキュンバキュンする銃撃戦は15年前までならOKだったが、今そんなことやったら恥ずかしくて目も当てられない。ネットでも炎上する。それと、お互いを「○○少尉」とか軍隊風の呼称で呼ぶことも、あのコクピット内の絵面(ごちゃごちゃした巨大なマッサージチェアみたいなところに腰かけて膝の横辺りにある操縦桿を握る)もそう。そもそも2足歩行があれだけ一般的な形式であり続ける工学的な理由は何?陸上を移動するならば足よりも車輪の方が機能的じゃね、と外人でなくてもそうツッコミたくなる。

 もっと根本的に、少なくとも目の肥えた「大きなお友達」にとってはSFの持っていた神通力が衰退したことも大きい。前回のブクマコメントにあったように、SFはかつてテクノロジー未来を提示する役割を果たしていたけど、今やSFにその力はなくなってしまった。小さな通信端末はもちろん、ファーストガンダムアムロがいじくっていた電子書籍端末も今年Ipadが出てきた。20世紀にワクワクしていた未来技術世界は、21世紀の今になって確実にワクワクできなくなっている。深刻なのはそれを21世紀の私たちがワクワクできるような形に上手くリニューアルできていないことだ。「SFロボットアニメがどうこうより科学の発展に大した希望をもたなくなった」という悲観的なコメントもあった。

これからどうなる

 だから結局、オーソドックスSFロボットアニメが受入れられなくなってきたから、今はなんとかして新しいそれに代替するSFのあり方というか表現方法を模索してる、という段階なのだと思う。1つの流れとしては、『プラテネス』みたいな、自分と割と身近な人が宇宙に行って、みたいな話だ。ロボットなんてシロモノをあえて登場させず現実的な想像力で捉えられる範囲で、人間同士の関係を描写する。もう1つの流れは、SFロボットアニメの突飛さをあえて逆手にとり、腐女子的な暴走ノリを表す手段として借用する流れだ。ちょうど「コードギアス」がそれをやって大いに受けたし、近々放送される銀河美少年のやつもおそらくその形だと思う。「ガンダム00」?あれは本来やるべきワクワクするような未来世界を提示できずに単純な現代の延長でお茶を濁した失敗作であり、SFアニメの屈服だ。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん