カテゴリー 「漢字」 RSS

2013-08-29

[]「固執」の読み

「こしつ」でも、「こしゅう」でも良い。

「こしゅう」の慣用読みが、「こしつ」らしい。

うちの周りでは、「こしゅう」派が多い。わたしは「こしつ」と読んでいたが、もしや間違いでは…? と心配になり、調べてみたら、どっちでも良かった。

「こしつ」が「慣用読み」ということは、今では「こしつ」が一般的ってこと? わたしが使った辞書では、「こしゅう」の項目は、「こしつ」へのリンクになっていた。

2013-07-17

[]今日の難読字

倭文 (しどり)

魚尾 (よのお)

2012-02-16

[][]

「飛」4画目が縦棒

目脂    めやに

脂下がる  やにさがる

2011-12-17

[][]6

傅く  かしずく

已己巳己 いこみき

一廉の人物

義捐金 ぎえんきん

娩沢 べんたく 美しくて顔色のつややかなこと

暢遂 ちょうすい 成し遂げる・貫く

兎走烏飛 とそううひ 意味歳月のあわただしく過ぎ去るたとえ。月日の速く過ぎるたとえ。▽「烏」は日(太陽)「兎」は月

烏兎匆匆 うとそうそ

兎烏  とう 20

門出・首途 かどで

蛇蝎 だかつ

蠍  さそり

揮毫 きごう

歔欷 きょき  むせび泣き

寡・鰥夫 やもめ 未亡人

豪宕 ごうとう 豪放

紫陽花 あじさい

揖譲 ゆうじょう 

優諚 ゆうじょう 天子のありがたい言葉

吝かでない やぶさかでない 快くする

腕  かい

蟠り  わだかまり

翠黛 すいたい 美人の眉。緑にかすむ山

歩哨  ほしょう

曾遊の地 そうゆうのち

九皐  きゅうこう 幾重にも曲がりくねった奥深い沢

颶風  ぐふう 強く激しい風

鹿砦/鹿柴/鹿寨 ろくさい 敵の侵入を防ぐため、先のとがった竹や枝のある木などを鹿の角の形に立て並べた垣。さかもぎ。

昵懇 じっこん 懇意

頤使・頤指 あごで指図

龕灯  がんどう 中に自由に回転できるろうそく立てを取り付けた提灯。忍び提灯

吐月峰 とげつほう 灰吹き 灰吹きの用材としては、ほとんどが静岡県の吐月峰(静岡県丸子付近の地)の竹が使用される

床机 しょうぎ

2011-12-14

[][]5

傾城の美女

践祚 せんそ

櫛比 しっぴ

折伏 しゃくぶく

不如意 ふにょい  生計の困難なこと

佞弁/佞辯 ねいべん 心がねじけていて口先の巧みなこと

金打 きんちょう かたい約束。誓い。

夷狄 いてき

西陬 せいすう 西の果て

日照雨・戯 そばえ

詫びる わびる

詫く あざむく

瘧 おこり

同衾 どうきん

紊乱 びんらん

誼 よしみ  *喧嘩けんか

凱 かちどき

蒼氓 そうぼう

弄ぶ もてあそぶ 弄る いじる 弄る まさぐる

罪あるは斬る。怯懦なるは斬る。隊法を紊すは斬る。隊の名を瀆す者は斬る。

猖獗を極める・蔓延する・彌漫する

尿 ゆばり

筵 むしろ

膩 あぶら

うなじ

葦笛 あしぶえ、よしぶえ

玉蜀黍 とうもろこし cf玉黍(たまきび)唐黍(とうきび) 

糸瓜 へちま

鰐梨 あぼかど alligator pear

酸漿 ほおずき

とき

鵯 ひよどり

金糸雀 かなりあ

雪洞 ゆきどう せっとう、ぼんぼり、せつどう、ゆきあな

野衲 やのう、やどう

盂蘭盆 うらぼん

点綴 てんてい

羆 ひぐま

紙縒 こより

十露盤 そろばん

肋 あばら

蛞蝓 なめくじ

蚯蚓 みみず

蟋蟀 こおろぎ

飛蝗 ばった、ひこう

鰍 甑 帳 骸 疹 匁 蹄 厩 蔀

鐙 樵 厨 廓 硲 瓢 葎 椛 櫓 蕨

2009-01-19

[][]こざとへん・おおざと

「こざと」とは 文字の左側に書く「へん」です。 「おおざと」とは右側に書く「つくり」です。

こざとへん

険 降

おおざと

都 郎

2008-11-12

[][]紛らわしい漢字

繁雑・・・はんざつ

頻繁・・・ひんぱん

煩雑・・・はんざつ

猥雑・・・わいざつ

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん