2019-04-22

宇宙原子説は真か

原子物質の最小単位とされてきた。今ではそれも、中性子陽子、そしてそのまわりを回る電子によって構成されているということが分かってきた。

一方でそれら素粒子さらに分解でき、それは別の宇宙になっているという説がある。これを仮に宇宙原子説と呼ぼう。これは科学的な予想というより、こうなってたら面白いと言うレベルのもののようだ。火の鳥やメンインブラックシンプソンズなど様々に描写され、もはや使い古された考えだ。

しかし、この説は現代原子物理学者にはどう見えているだろう?ただの空想だろうか?議論余地はあるだろうか?

この宇宙が外宇宙原子構成している一粒子に過ぎないかも知れないというのは議論余地はあると思う。宇宙の端ですらまだ観測できていないのだから。ただ、原子の中が宇宙であるというのは、いわばその宇宙の外にいる我々には正しいかどうか分かるもんではないだろうか。

  • anond:20190422103328

    空想の産物 http://www2.yukawa.kyoto-u.ac.jp/~soken.editorial/sokendenshi/vol19/nakanishi.pdf

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん