2019-02-18

anond:20190218174028

米兵が再度ガマに入ってきて「デテキナサイ、コロシマセン」と降伏を呼び掛け、食べ物を置いていった。その間,18歳の少女が母の手にかかり死亡し、看護婦の知花※※らのように毒薬注射して「自決」した人々もいた。

 横たわる死体。そこへ再び入ってきた米兵…。ガマの中の混乱は極限に達した。ひもじさの余り米兵の持ってきた食べ物を口にする者もいたが、毒が入っているか絶対食べるなと応じない者もいた。アメリカーに撃たれて楽に死のうとガマを出た人もいた.

 そして毛布などに,ついに火がつけられた。前日は止めたが、もうそれを止めることはできなかった。奥にいた人たちは死を覚悟して、自決していった。煙に包まれる中、「天皇陛下バンザイ」を叫んでのことだった。避難民約140人のうち83人が「集団自決」という形で亡くなった。チビチリガマでの一大惨事真相が明らかになったのは,戦後38年たってからであった。全犠牲者の約6割が18歳以下の子どもたちであった。(→チビチリガマ犠牲者名簿)

http://torikai.starfree.jp/1945/kerama.html

記事への反応 -
  • 大昔には沖縄の海上に基地としても使えるメガフロート建設しても怒らなかったのに

    今埋め立て滑走路作ろうとするとみんな怒るのは何故?

    • anond:20190218173516

      大尉にこれで自決しろと手投げ弾自爆を強制されたくないからだよ

      • anond:20190218173835

        沖縄のメガフロートは戦後しかも日本復帰後やぞ。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%B9

        • anond:20190218174028

          米兵が再度ガマに入ってきて「デテキナサイ、コロシマセン」と降伏を呼び掛け、食べ物を置いていった。その間,18歳の少女が母の手にかかり死亡し、看護婦の知花※※らのように毒薬...

          • anond:20190218174328

            いやだから、そんな沖縄の惨状を踏まえた1975年に「アドルフに次ぐ」などの戦争ものの漫画を沢山描いてきた手塚治虫がプロデューサーとなって沖縄の海上にヘリ空母としても運用可能...

            • anond:20190218174629

               四月一日に米軍に壕を囲まれて、ある男女が「日本男児じゃないか、竹槍を持て」と言って外に出たわけよ。一二、三名は出たはずよ。---この人たちが米軍に攻撃されて、怪我したも...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん