2018-03-02

あんなにぐるぐる悩んでた1月が嘘のように晴れやかな気持ち日常を送ってる。

私、15年好きだった亀梨くんの担当を降りました。

だいたい人に実は...と話をすると「どうして?」「せっかく活動再開したのに」という返答がある。なぜこのタイミングで降りたの?と問われると自分でも分からない。

1つだけ理由があるのであれば、私はKAT-TUNファンで居ることがしんどくなったのである

いつも何かと戦い、気持ちをすり減らして、また戦うことに至極疲れたである

ただの一ファンが何をそんなにと言われればそこまでの話なのであるが、このグループには15年の中で沢山の騒動があり、きっかけはその積み重ねである説明したらいいのであろうか。あと単純に元々アイドルが好きという前にグループが好きというのが大きい。アイドル応援していく上でグループという箱が好きなのである

それが半分になってしまった。もう私の中に残されたKAT-TUNへの熱量は半分よりも少ない。

東京ドーム、誘われたのもあり3日間行くことになりました。もしかするとこれが最後現場かもしれないなぁ。

15年本当にありがとう。そしてお疲れ様

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん