2017-12-11

M-1を語ることの気持ち悪さ

ワイドナショー古市(下の名前読めない&知らない)さんが「M-1はともかくM-1について語りたがる人が嫌いだから嫌い」とおっしゃってました。

なるほどと膝を叩いた。

詳しくは知らないですがM-1自体K-1などの格闘技パロディ的なネーミングですよね。笑点が焦点だか氷点だかの人気ドラマパロディといっしょで。

いつしか登場人物にはこういうドラマがあるからあそこでああいうことをいって審査員がこう答えたことに感動するというのは非常に格闘技、あるいはプロスポーツ競技と似通ったものがある。それをして「気持ち悪い」という感覚もわからなくはない。

そうなると古市さんはそういうことをずっと語り続けている「とくダネ!」の小倉智昭さん(彼も下の名前がわからないけど検索候補で出てきたのでこれだと思う)のことも嫌いということになるのか。オリンピックのたびに仕事半分遊び半分で現地リポーターをしてる彼を。

近年M-1においてもそのドラマ強化がちょっと鼻についてきているとも思う。とくに上沼恵美子さんの「愛のムチ」のくだり。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん