2017-09-22

anond:20170922022016

数十年前までは、「友達がいない」と病人扱いされたなあ。

友達定義曖昧で、一方だけが他方を友達だと認識している場合もあるし、主観的言葉だよなぁ。

ヒトカラやひとり焼き肉店の出現も、女性吉野家に入ったりオトコひとりでスイーツ買えるようになったのも、人間化学物質分子とみれば、十数年までは液相、いまの社会は気相で、現代のほうが社会エネルギーはみなぎっている、と個人的に思っている。いまのほうが社会システムは明らかに進化している。分子単体の能力は良くなったのかわからんけど。

記事への反応 -
  • 友達っている?

    ふと思ったのだけど、人生に友達とか恋人とかってそんなに必要かな? 友達が役にたったことなんてないような気がする。 恋人、というか異性は子孫を残すには必要だけど。 セックス...

    • anond:20170922022016

      数十年前までは、「友達がいない」と病人扱いされたなあ。 友達の定義が曖昧だし、一方だけが他方を友達だと認識している場合もあるし、主観的な言葉だよなぁ。 ヒトカラやひとり...

    • anond:20170922022016

      友達がいると遊びのバリエーションが増えるんじゃないかな。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん