2015-12-24

http://anond.hatelabo.jp/20151224222059

その他の場所での話題で「山田さん」=「山田さんの奥さん」って共通認識は取れてるんだよね(でないと会話が成立しないわけだから。)なら何も問題ないじゃん。本名がどうあろうが、山田さんの奥さんであることに変わりないんだから

ええええ

本当は「鈴木」なのに「近所の人」には「山田さん」って呼ばれるのは普通にイヤでしょ

そうでない人から、「山田さん」と呼ばれようが、「(子供名前)のお母さん」と呼ばれようが、「坂の上の赤い屋根の家の人」と呼ばれようが、本名重要文脈じゃないんだから誰のことを話しているのかさえ通じていれば何も問題ないでしょ。

山田くんのお母さん」はいいよ。だって本当にそうだから

「坂の上の赤い屋根の家の人」もいいよね。だって実際そうだから

でも「山田さん」は間違いじゃん。本当は「鈴木さん」じゃん。

本名鈴木花子だけど、近所での通称山田花子」って、それはイヤでしょ。

もちろん「仕事とかでは鈴木花子じゃないと困るけど、ご近所では山田花子でいいわ」って本人が言うならいいけど、

でも普通は「鈴木花子」でぜんぶ統一したいでしょ

記事への反応 -
  • http://anond.hatelabo.jp/20151224171532

    起点を排した統一的な呼称がなくなる、という問題。 日常に使わなかったとしても、あくまでどこかに正式(というと語弊があるかもしれないが)な呼称が存在しているかの問題な...

    • http://anond.hatelabo.jp/20151224183019

      横だけど 「山田さんの奥さん」のことは「山田さん」と呼ぶでしょ 夫婦同姓の場合、「山田さんの奥さん」が通称として旧姓の「鈴木花子」を使ってたとしても、 「山田さん」である...

      • http://anond.hatelabo.jp/20151224205024

        ところが夫婦別姓の場合、「山田さんの奥さん」を「山田さん」と呼んだらマチガイじゃん 「いえ、山田じゃないです、鈴木です」って言われちゃうでしょ 堅く考えすぎ。 日常的...

        • http://anond.hatelabo.jp/20151224210423

          えー だってその人は「山田さん」ではないわけじゃん  カンチガイしてる人は、他の場所で他の人に「山田さんがさー」とか言っちゃうわけじゃん 本当は「鈴木さん」なのに 困るでし...

          • http://anond.hatelabo.jp/20151224215711

            カンチガイしてる人は、他の場所で他の人に「山田さんがさー」とか言っちゃうわけじゃん 本当は「鈴木さん」なのに 困るでしょそれは なんで困るの? その他の場所での話題で...

            • http://anond.hatelabo.jp/20151224222059

              その他の場所での話題で「山田さん」=「山田さんの奥さん」って共通認識は取れてるんだよね(でないと会話が成立しないわけだから。)なら何も問題ないじゃん。本名がどうあろうが...

              • http://anond.hatelabo.jp/20151224233033

                あーなんか感覚の違いがわかってきたかも。自分に唯一の正しい名前があるって感覚が俺は希薄なのかもしれん。 本当は「鈴木」なのに「近所の人」には「山田さん」って呼ばれるの...

                • http://anond.hatelabo.jp/20151224234801

                  そこまで実績の連続性にこだわらない人にとっては、日常生活での周囲からの呼ばれ方が統一されていた方が嬉しいのかもしれない。 で、そういう人は自分に関しては従来どおり同姓...

                  • http://anond.hatelabo.jp/20151225003004

                    「生まれた時からずっと鈴木花子だから」みたいな人は「山田さんと呼ばれること」がどうしてもイヤで、 だからこそ「別姓を選んだ」んだろうな、って思うじゃん あなたはそうい...

                    • http://anond.hatelabo.jp/20151225003826

                      仕事上では不便だから夫婦別姓を選択してるけど、プライベートでは配偶者のファミリーネームで呼ばれても気にしない、って人、 つまり「実利的な理由で別姓の人」は、戸籍は夫婦同...

      • http://anond.hatelabo.jp/20151224205024

        山田・カーペンター・京子さんだったら別に「カーペンターさん」て呼ぶだろうが。 今ある習慣を変えるのが面倒だから変えないほうがいいって理屈は結局慣れの問題なので何の反論に...

        • http://anond.hatelabo.jp/20151224205406

          × 適用 ○ 適応

        • http://anond.hatelabo.jp/20151224205406

          え? 「山田・カーペンター・京子」って名前を知ってる人は「山田さん」か「カーペンターさん」か「京子さん」かどれかで呼ぶよね どれで呼んでもマチガイじゃないよね もちろん ...

          • http://anond.hatelabo.jp/20151224214001

            なんでたった1回でも呼び間違えたら失格!人間関係破壊!みたいな考えになるのかわかんない。 別姓になったらなったで、別に「山田さん」でも「山田さんの奥さん」でも好きに呼んで...

            • http://anond.hatelabo.jp/20151224214431

              なんでたった1回でも呼び間違えたら失格!人間関係破壊!みたいな考えになるのかわかんない。 考えてない(笑) 本当は「カーペンター京子さん」なのに「山田さん」とは呼びたく...

          • http://anond.hatelabo.jp/20151224214001

            横だけど、山田さん(夫)だけが知り合いで奥さんは名前すら知らない間柄だったら 今でも「山田さんの奥さん」としか呼ばないのが普通じゃ? 山田さんと言ったら夫と区別つかないし...

            • http://anond.hatelabo.jp/20151224214534

              道ですれ違ったら、 「山田さんこんにちは。お散歩ですか。いい天気ですね」 とか普通に言うでしょ

              • http://anond.hatelabo.jp/20151225003251

                名前すら知らない人相手にわざわざ名前なんて言わんわ つか名前知っててもすれ違いの挨拶でわざわざ名前言わないよね?精々こんにちはくらいで

    • http://anond.hatelabo.jp/20151224183019

      「起点を排した統一的な呼称が無くなる」というのはわかる。それがどう「問題」なのかがわからない。ただ、俺が見落としていることがあるかもしれないので、それを知りたいと思っ...

      • http://anond.hatelabo.jp/20151224223345

        「自分にとっての集団」という認識ではなく、あくまで「集団の中の自分」という認識での集団とのかかわり方が、歴史的にはともかく、今の日本人のスタンダードではないかと思って...

        • http://anond.hatelabo.jp/20151224225211

          この感覚的な話が通るならわりと話が早い。 そうしなくても良い人が別姓を選ぶわけだから、議論すべきはあくまで他人をどう認識するかってことじゃないのかな。 子供は? という...

          • http://anond.hatelabo.jp/20151225092144

            子供は?望んでその機能を捨てたわけではないのに、使えないの? いや、「日本人が所属により自己をアイデンティファイする傾向」というのは育ちにより刷り込まれる単なる習慣で...

            • http://anond.hatelabo.jp/20151225120322

              君がそのレスで言っているのは「統一的な呼称がなくても、何とかやっていけるよ!」って話じゃん。 君の言うとおり、これは習慣であり最初から習慣をもってなければ何が失われるわ...

              • http://anond.hatelabo.jp/20151225122518

                自己認識の話と、他者認識に必要という話は理屈でもつながってないので、そこんとこもうちょい突っ込んで説明してくれるとうれしい。 おそらく君は、そういう概念を持たずに過ご...

                • http://anond.hatelabo.jp/20151225123756

                  自己認識の話と、他者認識に必要という話は理屈でもつながってないので、そこんとこもうちょい突っ込んで説明してくれるとうれしい。 追記で書いたけど、こちらに移す。 自分がど...

                  • http://anond.hatelabo.jp/20151225124355

                    自分がどういう人間であるかを説明するためには、一般的に所属とポジションで言うわな。 同時に他人について説明するためにも「こちら○○社の△△課の課長の山田さん」という所...

                    • http://anond.hatelabo.jp/20151225132610

                      一体どのくらいの人が家族の統一名称を認識の手がかりにしていたか、に関してはピンと来ないんだが、それはもはや個人の経験に依存するからここでは結論が出ないかなと思う うー...

        • http://anond.hatelabo.jp/20151224225211

          横だが 日本人には自分の所属を気にする人が多いという印象がある。 家族関係については、「所属」と言っても「特定個人とどういう関係か」が重視されるのであって 「どの特定の...

          • http://anond.hatelabo.jp/20151225100949

            うーん、俺は人は対象の把握の仕方をケースによって変化させることは、少なくともしたがらないものだと思っている。 一方で「○○社の△△課の課長」という認識をするならば、「山...

            • http://anond.hatelabo.jp/20151225102107

              「山田さんちのお父さん」はその人の子供から見たその人の属性でしょ。 「集団名+役割」ではなく「個人(この場合は子供)から見た役割」。

              • http://anond.hatelabo.jp/20151225102314

                いや違うよ。家族の中の「役割」だ。 だから、「山田さんちのお父さん」というとき、同時に子供に対しては「山田さんちの息子さん」と呼ぶ。

                • http://anond.hatelabo.jp/20151225102712

                  「山田さん」じゃなくて「山田さんち」か。すまん。 でもそれって不自然な言い方では?「山田さんち」なんて使う??

                  • http://anond.hatelabo.jp/20151225103445

                    横だけど、少なくとも、1980年代の静岡県では普通に使ってましたよ。 ニュアンス的にはこんな感じの省略形 山田さんの家の○○ ↓ 山田さんのうちの○○ ↓ 山田さんちの○○

                  • http://anond.hatelabo.jp/20151225103445

                    地域社会が希薄になってきたからねぇ。「家」という集団そのものとのお付き合いを実感できる機会は減ったけど、田舎はもう少し残っているよ。 山田太郎さんの息子さんが引きこもり...

                    • http://anond.hatelabo.jp/20151225104149

                      あー、ずっとマンション育ちなんだわ。 同じ階の人の顔くらいは知ってるけど名前は勿論姓も知らないのが当たり前の環境で育ったからそういう感覚がない。 今は隣んちの人は家族間で...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん