2015-12-16

[] 承認プラットフォーム 大承認

応答せよ、応答せよ。こちら増田探検隊第三部隊。俺はコードネーム:マス4545だ。

目標が見えてきた。現在増田樹海の最奥部《最果ての地》に来ている。霧が深い。周りがよく見えない。

「きゃあああああああああああああああっっ」

そのときイアリ072が悲鳴を上げた。どうしたイアリ! 何があった。俺はすぐに彼女に駆け寄って、肩を揺さぶった。彼女は焦点の合わない目で、歯をカタカタと鳴らしている。彼女は俺の背後の、遠くの方を指差した。

何だ? 振り返って、目を凝らす。そして俺は驚愕することになる。天まで届きそうな高い塔が、聳え立っていたのだ。

Why? ……はてな社のマッドサイエンティストが作った狂気実験施設がどうしてここに……」

「し、知らないわよ! あたしたち、sabacurryを追って来たんじゃなかったの?」

俺はすぐにトランシーバーを手に取った。

本部本部、応答せよ。こちら増田探検隊第三部隊。副隊長のマス4545だ。我々はとんでもないもの発見してしまったようだ。あれはどう見ても《承認プラットフォーム 大承認》だぜ、ヤバイヤバイぜこれは。《大承認》はとっくに封印されたはずじゃなかったのか。見たところピンピンと生きてやがるぜ。なぁこんなヤバイ施設がどうして……通信途絶。

「ちっ、トランシーバーが壊れちまったぜ。格安スマホに買い換えようかな」

俺は地面にトランシーバーを投げ捨てた。

「とにかく引き返しましょ。今ならまだ間に合うわ」

気のせいだろうか《大承認》の中からは、俺たちの同胞増田香りが漂っていた。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん