2020-01-07

ゴーン大脱走の狙いは「発信力の回復

そもそも、つい一ヶ月前まで、ゴーンは「あの人は今状態だった。

逮捕後、子ども学費まで日産の金を流用していた等の「つるセコ行動」が次々と明るみになったためにゴーンの発信力は地に落ち、弁護団を通じて何か言っても世間相手にしなくなっていた。

このままでは誰にも相手にされない負け犬晩年を暮らすことになりそうだったが、そこから大逆転するために編み出されたのがあの大脱走劇。

大脱走批判する人は多く出たが、劇場効果でゴーンの過去のつるセコ行動を批判する人はごく少数派になり、ゴーンの発信力は逮捕前の状態まで回復している。たとえこの後身柄が日本に引き渡されて有罪実刑判決を受けたとしても、ゴーンの発信力は落ちないだろう。性的犯罪に走らない限り。

金持ちだとこういう一発逆転もあるのだなと感心する。

  • anond:20200107083850

    それが事実だとすると会計監査で見つからないというのはどれだけ間抜けなのかって話だ もはや上場会社としての体を無してない

    • anond:20200107164808

      こういう強権型経営者の場合、監査で指摘しても潰されるだけ

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん