2017-09-11

USBメモリを買ったが

先月、秋葉原で安物のUSBメモリを買った。

用途は、自分比較的よく使用すると思われる大容量のファイルの保存。

容量は16GB。なぜ32GB以上のものにしなかったのかと後悔している。

だってさ、16GBだと数GB程度の大容量のファイルを数個ぶち込んだらあっという間に空きが無くなるじゃん?買ってから気がつくとか自分でも馬鹿だと思う。

「いやいや、大きなファイルをいくつも入れなきゃいいでしょ?」

そうかもしれないけどさ、だからってそのファイル必要になったときに毎回わざわざネットから落としてくるのも面倒じゃん?時間も掛かるし。

自分はその時間が退屈で仕方がない。

「高速なネット回線があれば問題ないでしょ。」

いや、それがない環境もあるのよ。ほんと。

大量の機器接続されてるとかでほとんど速度が出ないこともある。

そういった場合だとお話にならないわけで、うんざりする。

「買うときに考えなかったの?」

いや、少しは迷ったよ?でも、そんなに要らないだろうって思って16GBにしたんだ。

でもよく考えればよかったよね。よく考えなくても分かるようなことなのに。

馬鹿だよね、ほんと馬鹿

ここでふと思ったんだけど、USBメモリに大容量のファイルを保存する人っていないのかな?

そうだとしたら、16GBとか32GBUSBメモリを使っている人はどういった用途使用しているのでしょうか?

そもそも、大容量のUSBメモリの空き容量が無くなることってあるのでしょうか?

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん