2016-02-22

本売れぬ理由は密林の電子書籍のせい

本が売れないとかで図書館のせいとかいろいろ言われていますが、もし、これが売上金額が伸びない(減ってる)という意味なら、だいたい全部密林のせいだと思ってます

 密林から電子書籍版が出ているわけですが、電子書籍で発刊されてもすぐに買わずに、一旦欲しい物リストにぶっこんでおくと、後日値下げしたという条件で簡単に値下がり品を探せますしかも、最近セールかいって、定期的に定価の半額程度で値付けされたりします。なので、貧乏だけど賢い我々としては、出たばかりの定価で紙の本を買うのが、正直馬鹿馬鹿しくて。明日不安にまみれた昨今じゃ、広いスペースも書斎も持てるわけがないので、保管にスペース食わないわ、大幅値下げを定期的にしてくれるわの密林の電子書籍しか、本なんて買わんがな!食材だってタイムセールしか買わんのに、紙の本を定価で買えるわけ無いじゃん!と思ったこの頃。

 まあ、漫画やらラノベとかだと、違法コピーPDFとか)のせいで売上伸びないとかもあるかもしれませんが、漫画やらラノベじゃないものについては、密林の電子書籍セールが売上の伸び悩みに一役買ってるのでは?と思うこのごろ。

 ところで、早く、次のセールが来ないかなー。頑張れ密林!

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん