2011-03-05

カンニング竹鳥山

京都大学警察頼って墓穴ほっただけだったみたい

結局はただのカンニングたいして変わらない手法

カンペをまたに隠し持ってみてただけ

 

 

ネット情報をみたが

スパイ気分でやり方を予想したりしてる人をみて面白かった

結局は大学側の監視があまかったからという前提がすっかり抜け落ちて

OCR万能説(OCRがあるから問題が簡単にうつせた)がとても面白かった

だれもピンボケしたら読み取れない(読むための適正距離はむりがある)と

疑問を持たないようである

  

質問方法に頭がいってるが

結局1.知恵袋アクセスする 2.回答を写す

という行為は普通カンペを見るのと変わらない行為(方法として)であり

それに気付かなかった大学は間抜けであるということである

  

マスコミ大学側に試験管はちゃんとやってたか

などと頭の悪い質問をしたので大学側は(あたりまえだが)やっていると答えたが

マスコミ側は何人でどの規模でやってたと細かい情報を聞くべきであったと

  

あと携帯電波妨害をこの件のためにする必要ができたというが

普段の授業中の携帯を切ったり大学試験中の電源を切ったりしてカンニング

防ぐという意味ではさほど大きな投資でもないような気がするが

金がないんじゃなくて今までやってなかった言い訳に聞こえる。

  

言いたいことは

ネットの自称情強はなにもしらない

大学カンニングをできる状況を放置していたのを気づかず

恥ずかしげもなく警察に頼んで恥の上塗りをした

警察は断ることも覚えたほうがいい

カンニングする生徒は二度と試験受けるな

ぐらいか

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん