2009-03-17

二度と精神科なんて行くものか

大学生になって一人暮らしを始めた最初の年の事。

光ファイバー完備の7畳一間で俺は「ひきこもり」になった。

何にもやる気がおきない、食べるのも面倒臭い、人と会うのが怖い。起きるのが辛くて一日中ふとんの中で過ごす事もしばしばあった。

たまに起きてもPCの前で鬱病チェックとかググってたり、メンヘル板でROMってたり。次第に自分鬱病なんじゃないかと疑い始める。ますます気が滅入る。

ネガティブシンキングの連鎖は朝から晩まで止まる事を知らなかった。

まぁ、ここまではそんな珍しくない話かな。

こうして4週間ぐらいひきこもりの日々が続いた。もう朝も昼も夜も日付にも感心がなくなってきた頃の事だ。

幸いな事に自分を心配してくれる友人がいたので、彼のススメで精神科に通う事になった。

厳密に言うと、通ったのではなく2度ほど受診しただけなんだが。

まずホームページでその精神科情報を得ることから始まった。

開院時間休診日などのチェック、問診票のPDFコピー、記入を行い準備完了、いざ出陣。

電車で二駅、そこから徒歩数分の場所にあった。

私は大の病院嫌い、それに加えてこの精神状況。正面ドアを開くまで5分ぐらい手前でウロウロしてしまった(自動ドアではない)

初めての病院って大体こんな感じになるよね?

靴を脱いで上がる。ロビーコンビニの4分の1くらいの大きさ。受付は目の前だ。そこで初診の旨を伝えると、窓口の小汚いおばさんから想定外言葉が返ってきた。

「当クリニックは完全予約制です。申し訳ございませんが来週の◯曜日、◯時にまた起こしくだしあ

え?え?アポ必要なの?マジで?そんなのホームページに書いてなかったじゃんか!!なんでそんな大事な事を予め知らせてくれなかったの!

ひきこもりには電話なんてできねえよ!ネット予約できるようにしやがれ!てか正確な情報掲載しろよ!

私は受付前で挙動不審、軽いパニック状態に陥り、他の患者の痛い視線を浴びながらそそくさと病院を出た。靴を脱いでからここまで2分も経っていない。

電車賃だけが無駄になり、こうして幻の初診は終わった。

後日、あのババァの言われた通りの時間に合わせて、再び足を運んだ。

この時気付いたのだが、ドアに貼付けてあった受診時間休診日張り紙を見ると、ここまでホームページと違っていたのだ。もう呆れて物も言えない。

前回来た時より私の心は弱っていた。もうノーガードにも程があるだろってぐらい。19歳なのによぼよぼの足取りでソファへ腰掛けた。

ここから第二の地獄が始まった。精神科の雰囲気がもう堪え難い程酷かったのだ。

前述の通り、ここはとても小さなロビーでソファが3台ほど備わっていて、受付と向き合う様に配置されている。

ロビー側はやわらかな照明で患者をいたわる姿勢がわかるのだが、正面にある受付を照らす蛍光灯が気持ち悪くなるぐらい眩しいのだ。

ロビーと受付は吹き抜け?のような構造なので互いを遮る物はなにもなく、全てがダイレクトにはね返ってくる。

この構造が生み出した更なる弊害は、受付看護婦の私語が常に耳に入ってくる事。

ここでは表記できないような品の無い言葉や、業務に関係のない私語や嘲笑、それら全てがこちらの五感を障る。もう耐えられん。

おまけに謎のバックミュージックヒーリング効果のある音楽なのだろうが、私から言わせればファミコンゲームの安い電子音

S.E.N.Sとか世代を選ばない無難音楽を流せよっ!てフロントに怒鳴りつけたくなった。

時々、診療室から先生患者の会話のやり取りが聞こえるのもあり得ないよね。

先生カウンセリング中に部屋を出る事があるんだけど、こいつドア閉めないの。ロビーから患者丸見えだよ、なによこのプライバシーを配慮しない最大限の努力

ただでさえ他人の視線や言葉に敏感な患者(私)の容態を悪化させるには十分すぎる環境作りだった。

こいつら・・・・・・治す気あんのか?

いよいよ自分受診の番がやってきた。既に私は、相手の言葉が耳に入らなくなる程ストレスが溜まっていた。

気付くと自分は「躁鬱病」と診断されていて、窓口で一週間分パキシル抗うつ剤)を受け取り、3500円も財布からなくなっている。


……そうか、やっとわかったよ。精神科医は来る人来る人を「鬱病」にさせ、お金をふんだくる最低な奴なんだね。

あらゆるメディアが「うつ病」を有名にして流行らせたけど、あれは精神科医の陰謀だよ。もう洗脳だよ。

そう気付くと、私は次回の診療なんて行く気が失せてしまったね。

長くなったけど、私が言いたいのは友達を大切にしましょうってことです。

自分のことをある程度理解してくれる友人、あるいは家族が一番のお医者様です。臭いけどこれ真理

そうだよ、「医者ウツは治せない」

と、関西に来て心が折れた関東人の長い独り言でした。




*追記

これは紛れも無く全て事実に基づいて書きました。この精神科存在します。今年1月の事です。

初めての匿名ダイアリー駄文なのにブクマつけられて少し驚きました。失礼。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20090317143004
  • http://anond.hatelabo.jp/20090317143004

    その扱いのあげく渡されたのはパキシルかよw 精神科医=ヤブというのはさすがに嘘だが、ヤブの多い業界には違いないよな。音楽関係の仕事やってると犠牲者をやたら多く見かける。

  • http://anond.hatelabo.jp/20090317143004

    綺麗にハズレを引きましたね。 まあ、ハズレを引きやすいと言うかアタリよりハズレの方が多いわけですけど。 迂闊なクリニックより、病院の精神神経科の方がハズレが少ない気がす...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090317144211

      そこ、HPと内装は良くできてるけど(あと、受付嬢かわいい)、 出てくる医師はダメだぞ、ぜんぜん。 あんな不快な人間と接触したのはひさしぶりだった。

      • http://anond.hatelabo.jp/20090317190440

        漫画読んだだけでこの作者は性格悪いんだろうなーというのは見て取れると思うんだが。 漫画家としてならそれで全然構わないけど、関わりあいたくはないよね。

  • http://anond.hatelabo.jp/20090317143004

    ご愁傷様、そこはハズレだったね。学生ならスクールカウンセラーか校医に相談するといい。病院も紹介してくれる(か、選び方のアドバイスをくれるはず)。

  • http://anond.hatelabo.jp/20090317143004

    そりゃハズレだなぁ…。 もし学生ならスクールカウンセラーや学内病院(?)に行くことをお勧めします。 僕も学部4年の時にうつになって、スクールカウンセラーとか使った。パキシ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090317143004

    http://www.nhk.or.jp/special/onair/090222.html を見たけど、かなり医師によって質の差があるらしいね。 机とイスがあればすぐ開設出来て、薬を出せばそれで儲けられると考えて 開業する医師もい...

  • ひげを中から絞り出す

    ◆パナソニックが肌の中のヒゲを絞り出すシェーバー(液晶ディスプレー付き)を発売!:アルファルファモザイク最近はひげ伸びるのが早くなったような気がしています(;´Д`)世界最...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090317143004

    で、治ったの? 俺も行ったことあるよ、心療内科。 仕事のストレスから不眠症になって、会社行く気ゼロになった。 上司に相談したら「心療内科行って診断書持ってきたら半年は休職...

  • 精神科の医者を信用するな

    http://anond.hatelabo.jp/20090317143004 実際酷い精神科は多い。 モトマスダが書いている通り精神的にまいっている人間が患者だということを受付の人は解っていない。 私は自立支援の申請を...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090317143004

    俺の友人に「血を見たくないから精神科になった」ってやつが居るけど、そいつが言ってた職務上気をつけていることは「患者の話をあまり聞きすぎないこと」だそうだ。 まぁ、欝は感...

  • どうしても気になるのだが…

    昨年、会社の人事と面談をして、入社してからのことについて色々聞かれた。 その際に精神科に行きたいみたいなことを言ったら、先ずは会社内のセンターを利用しなさいと言われた。 ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20101016235228

      精神病とか良く解らんから詳細教えろや、ってことでそ そういうところから会社の内情とかもわかるかもしれないしね

  • 心療内科・精神科へ行った増田

    二度と精神科なんて行くものか http://anond.hatelabo.jp/20090317143004 プリントアウトして病院に行っても http://anond.hatelabo.jp/20090611194255 自分だけで解決するのは難しいので、専門家に相談する...

記事への反応(ブックマークコメント)