2020-01-13

anond:20100112233722

漢字音で、呉音でマ行のもの漢音でバ行に対応するのは、

中国で唐の時代あたりにおきた非鼻音化という現象が原因 

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%A2%E9%9F%B3

 

これはマ行だけでなく広く鼻音(鼻をつまむとまともに発音できなくなるマ行ナ行)にあらわれるので

内 : 呉音 ナイ/漢音 ダイ(例 内裏)

日 : 呉音 ニチ/漢音 ジツ

 

のようなナ行の変化も存在する

しかし、こちらをナ行の濁音として表記するのはやや不自然

 

一方半濁音は日本語の方の変化

かつてパ行として発音されていた音が徐々に弱化してファ行→ハ行になった

そしてッやンの後など特定環境だけでパ行が生き残ったので、この音に特殊記号をつけた

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E8%A1%8C%E8%BB%A2%E5%91%BC

 

こちらはハ行にのみ現れた変化なので、ハ行にだけ半濁音がある

 

[追記]

じつはサ行も弱化した音で、かつてはツァ行だったと言われている

サ行のかなの元となった漢字「左之寸世曽」が今の中国語で

左→zuo

之→zhi

寸→cun

世→shi

曽→zeng

と、ほぼツァ行であることが証拠

江戸時代にはサ行にも半濁点がつけられていたこともあり、もしかたらこれが生き残っていた可能性もあった

https://ja.wikipedia.org/wiki/セ゜

記事への反応 -
  • マ行の濁音

    たとえば 「馬」って字は 「ま」「ば」 と読める。でも 「は」 とは読まない。 「美」の字も 「み」「び」 と読めるけど 「ひ」 とは読まない。 「無」の字も 「む」「...

    • anond:20100112233722

      漢字音で、呉音でマ行のものが漢音でバ行に対応するのは、 中国で唐の時代あたりにおきた非鼻音化という現象が原因    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%A2%E9%9F%B3   これはマ行だけでなく...

    • http://anond.hatelabo.jp/20100112233722

      んー、呉音と漢音って一緒くたに扱っていいのかなぁ。 よく知らないけど。

    • http://anond.hatelabo.jp/20100112233722

      馬:呉音メ、漢音バ、慣用音マ 美:呉音ミ、漢音ビ 無:呉音ム、漢音ブ 木:呉音モク、漢音ボク マ行とバ行が対応するのは、呉音と漢音での対応。あまり詳しくないけど、中国語...

      • http://anond.hatelabo.jp/20100113012033

        おおーやっぱり体系っぽくなってるんだな じゃあ笑止千万の「千万」みたいなのはここでいう連濁とは違う概念ってことか・・・ 面白い

    • anond:20100112233722

      ジャイアントロボの話かと思ったら違った

    • anond:20100112233722

      ジャイアントロボしかないw

    • anond:20100112233722

      オレもジャイアントロボだw (あっ 草間サン今日は祝祭日なんで命令やめてくださいw)

    • anond:20100112233722

      「ばびぶべぼ」は「まみむめも」の濁音ってことにしたほうがしっくり来る は行の濁音は、アラビア語のkhみたいな発音になりそう

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん