2019-03-13

向日葵のように前を向け

関西ジャニーズJr.の某くん

私の大好きな人はいだって偏見を持たれる

彼はあの性格が捉えでもあるのに何故だろう

あの性格が故に面白い場面を作った時はみんな彼をすごく褒める、なのに少し場面が変わって彼と仲良い某くんと比べられる時はひたすらに言いたい放題だ。どうして比べられなきゃいけないのか。自担を上げる為だけに私の大好きな人を貶されるこの苦しみはきっと彼のファンそして私にしかからない事なのだろう。

そしてそれに対して彼の為に何も出来ない自分が不甲斐なくて仕方がない。結局は彼自身が作り上げて行かなきゃならない、助けたい、苦しい、報われて欲しい。私がいくらそれを願ったとしても彼自身がこの感情を露わにしない限り偏見は持たれ続けるのだろう。

彼は影で泣くタイプだ。今泣いていないかお仕事苦痛じゃないか、心が折れてないかエゴサしていないか心配事ばかりが募っていく。

彼には報われて欲しい報われるべき人間からだ。実は芯の通った彼の魅力に一体世間はいつ気付くのだろう。気付かないのなら一生気付いてもらわなくて構わない。ただ彼のことを知ろうとする気がないのに叩くのはやめてくれ。私の大好きな人をこれ以上傷つけないでくれ。

こうやって匿名しか言えない私をどうか許してください。少しでも彼の頑張れる理由私たちの声でありますように。そう願う事しかできなくてごめんなさい。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん