2018-08-25

注意力散漫を防ぐのがマネージメント

注意力を絞って叩き出せば無限に湧いてくるリソースだと思いこんでアレもやれコレもやれと言ったっ結果基本すら疎かになってしまう状況を作り出すのが無能


そもそもマネージメントというのは「削る順番の優先順位を付けること」である

「全てをなるはやで優先度マックスに設定」するのはマネージメントにおいて最悪の手法であり、そもそもマネージメントを行っていないのと同義である事を日本人理解すべき。

これは、マネージメントをする側だけが知るべきことではなく、される側求める側においても同様に知るべきことである

目の前で死にかけの人間に応急救命をしている人に対して、「ちょっとそこで膝を擦りむいちゃったか絆創膏持ってたら貸してくれない?」と話しかけることの異常さを想像する事が出来るかすら怪しい日本人が多すぎるのではないだろうか?


ちなみに夏目漱石言葉

  • anond:20180825105719

    「全てをなるはやで優先度マックスに設定」 末端までこれですとーんと降ってきて末端がそのまま飲み込むと速やかに死ぬから己の命のために必死こいてやりくりするのがジャパニー...

  • anond:20180825105719

    気分/割り込みに影響を受けない属人的にならないフレームワークを作るのがマネージメントです そのために渡されているのが裁量権であり 職業選択の自由です(どうにもならなきゃ転...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん