2017-04-21

「夫に家事やらせるために褒めて伸ばすことについて、何でこっちが下手に出なきゃいけないんだ。

自分でできるようになれよ。」

という愚痴を聞いたことへの感想

①そりゃ伝え方は工夫が必要でしょ。

確かに、家事をサボってる方が悪い。

しか放置していても勝手家事をやってくれるようにはならないので、やってくれと伝えなければならない。

この際、怒りながら伝えてもきっと喧嘩になるだけでしょ。

どんなに自分の主張の方が正しいと思っても、本来相手もやるべきであって「お願い」や「褒めて伸ばす」の形をとるのはおかしいと思っていても、相手に何かを依頼するのであれば伝え方はとても大事だと思う。

最悪、口先では褒めて伸ばすこと言ってて、心の中で舌を出せばいいじゃん。

②こういう人は、夫がいざやったらやったで「洗濯物のたたみ方が違う。」とか「食器の並べ方が違う。」とかそういう文句つけそう。(偏見

③夫の悪口は言うのに、夫が妻の悪口言ったら「配偶者悪口言うなんて最低。」とか言い出しそう。(偏見

④これを言ったら元も子もないけど、なんでそんな人と結婚したの?

家事能力の有無が問題というより、建設的な話し合いができないところがなんだかなぁという感じ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん