2016-11-02

無意味」なのに「意味深」な「カッコ」は「やめるべき」

「俺たち」は、無意味に「カッコ」をつけることで、

大した「意味」のない文章に何か意味あり気な「ニュアンス」をつけるのをやめる「べき」だと思うんだ。

しろタイトル中に2つ以上のカッコ」がついている場合は、「読むに値しない判断材料」にすらなると思う。

というか、「カッコ」が「多用」された「文章」は、ほぼ「2種類」しかない。「自己「啓発」系」か「マッチョポエム」系」。

「こーんな風に会話調の文なら? カッコでくくるのもアリです♪」が、やりすぎは禁物。


http://diamond.jp/articles/-/62276

『伸びるのは、「必死」にやる人ではなく「夢中」でやる人』

この記事タイトルは、『伸びるのは必死にやる人ではなく、夢中でやる人』で十分伝わります。可読性にも問題ありません。

あらためて意識して読むと、URL記事の文中には無駄にカッコが多用されていることに気付くと思います

まあ、こんな「最悪」の「例」を見つけたので「思わず」こんな「増田記事」を書いて「しまった」「だけ」なんですけど「ね」。

「ご」「め」「ん」「な」「さ」「い」

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん