2016-08-05

ルンバがすごいのは掃除でもセンサーによる空間認識でもない

http://ascii.jp/elem/000/001/206/1206225/

ルンバがすごいのは表情だ。

掃除を始めるときは「ティルー↑トゥルル!」といって頑張るぞーという雰囲気の音を出す。

掃除が終わってドックに戻った時は「トゥルルテッテレー!」と喜ぶような。

ルンバがすごいのはロボットらしい感情表現を足したことだと思う。

愛玩目的でない、作業ロボットに表情を付け加えることで、すっと生活の中に入ってくる感じがする。

実際にルンバが壊れた時は、カスタマーセンターに「ウチのルンバくんを直してやってください」というようなまるで家族の一員のような扱いの問い合わせが来るそうだ。

表情のパターンは多くないが、それで十分。

ロボットらしい愛嬌を持ちながら掃除してくれるルンバにだから、たまに段差に落ちて動けなくなってたりしても許せる。

ミスをしても、機能が至らなくても、愛嬌があれば許せる。

そういうインターフェースを(意図的か否かは置いておいて)作ったことがすごいと思う。

たまになにかのエラー人間の録音音声が流れるときちょっと悲しい。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん