2009年12月13日の日記

2009-12-13

はてな匿名ダイアリーって

何人が見て、何人が書き込んでいるんだろう?

書き込んでいる人は、極小数な気がしてくる。

特にそれがどうだ、というわけではないけど。

http://anond.hatelabo.jp/20091213233213

そう!俺んちはかつて平家に使えていたとか!いないとか!要するに西日本在住!

平家が云々って言ってればハクは!つかない!(ありがちな四方山話じゃねーの?的な意味で)

てか平家云々はネタだろ!>俺の先祖さま

ただのおうちで母は離婚まくり、一時は生ぽを受けてたというそんなお家。

だけど!オイラはゆとり脳で家族と一緒に暮らしてるから、家族の言うことは絶対だよ★★★

アウトロー的な反発したらお家を追い出されるとかヒャッハーな事になっちゃうZE!

けどまじめに頑張って親を納得させることも出来ないZE!

つまり、俺は生ケモノって奴ですね~★

厨二的に表現すれば、精神NEETってところかな?

はぁ、生ケモノ絶望的な未来が見えててそれはいやだけど、やっぱり生ケモノなのであんまり頑張りません。頑張れません??なのかな??よくわからんけど。

なんて言うか人生オープンリーチって感じ?

ケモノだけどいやなことはいやなのです。っていうか彼女ホヤホヤーっとしたい…

あうあうあ

こんな所で愚痴ったら、

こうして必ず釣れる訳さ(笑)

http://anond.hatelabo.jp/20091213234952

         〜T/H

http://anond.hatelabo.jp/20091213234359

そこで代替案。元増田エントリblogで紹介して

はてな匿名ダイアリーを読んでいたら、こんな記事を見つけました。ちょっと共感するところがありますねー。」

というのはどうだろう。

いやまぁ、文体で本人だとバレそうな気がするけど。

 

さらなる代替案。

男らしいお硬い文体で、「愚痴論理的解答で応じる愚行」とかそういう感じのエントリを新たに増田うp。で、それをblogで紹介する。

っていうか、そういうエントリ、前にはてブホッテントリで見たことがある気がしないでもない。

http://anond.hatelabo.jp/20091213234847

アスペって自称しているのも他称しているのも医師の診断を受けたのは少数だろう。

そうやって新たな差別が生まれるのだと感じた。

http://anond.hatelabo.jp/20091213234952

そんな所だ。

何より「キャバ嬢に話をしているつもりの延長線」という所がまた情けない。

                〜T/H

ガキと「社会人」との違いはなんだろう。教育とは何だろう

朝日新聞の記事の「オーサー・ビジット2009」の「石田衣良」氏の欄を見て

この高校生たちを「いっぱしの社会者」にするにはどんなことが必要だろうか?と思った。

 1/ 他人との交換が可能なレベルの、知識、知能、技能、才能、スキル、 といったもの。

 2/ 自分を高めていく力、探求心、学習力、ハック力、といったようなもの。

    =>エチカの鏡で見た「探求心を育てる小学校」とか、「全米注目の日本人天才兄弟」とかもその力があった。

    =>また、フィンランドでは「自ら学ぶ力」の衰えた子供が増えて問題となっている、という話。

 3/ 組織の中で、うまく自分の脳力を発揮できるように、自己プロデュース自己表現力、意思疎通力、コミュニケーション力、といったようなもの

 

 自己中心的なガキから、社会の中で生きる、人間、として変化するためには、

 この3つの力が必要だと思われる。

 要するにこれが「人間生活力」を作るということだろう。

●これとか

本来、学習目的は『夢を実現させる道のりを歩く力を身につける』という楽しいものである

http://d.hatena.ne.jp/keitaro2272/20091213/1260653984

この話は

2/にあたるのではないだろうか

●これも

4.すべてを教えないこと

自分で理解することこそが喜びに繋がり、次のステップエネルギー源になるのです。先取りしてすべてを教えることは、そのエネルギーを奪うことに繋がります。自分の目で見て、自分の足で歩いていると感じることが教える時に一番大切な事です。

http://d.hatena.ne.jp/keitaro2272/20091203/1259785992

────────────────────

●ついでに

 社会人基礎力は、

(1) 前に踏み出す力(アクション):一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力

(2) 考え抜く力(シンキング):疑問をもち、考え抜く力

(3) チームで働く力(チームワーク):多様な人とともに、目標に向けて努力する力

 という、3つの能力に分類され、「主体性」「働きかけ力」「実行力」「課題発見力」「計画力」「創造力」「発信力」など12要素で構成されるとしている(詳細は、2006年2月8日公表の経済産業省社会人基礎力に関する研究会」の「中間とりまとめ」参照)。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20091208/211328/?P=4

〜T/Hのエントリーはすべて愚痴だと思ってた。

http://anond.hatelabo.jp/20091213234552

むしろ、小説家の場合、真実を書くことはほとんどないんじゃないか(ノンフィクションを除く)

タダで愚痴を聞けと言うのは...。

あんまりだ。

その上黙ってろとはね。

ホストホステスと飲み屋の店員にすれば良い。愚痴なんか。

旦那と女房はあてにならんな多分。

            〜T/H

物書きはよほどの才能と運に恵まれていないといずれ生活のために真実に背いたことも書かなくてはならなくなる。自分良心を無視できる厚かましさがないならやめておけ。

http://anond.hatelabo.jp/20091213224505

もっともよい方法は、このエントリーを一字一句そのまま自分日記に載せることです。 そうすれば、その人自身がコメントしてくれることでしょう。

気が弱いので、とても無理です・・・(苦笑)

もしそんなことができるのなら、最初からその人には非公開にしてるかも。

http://anond.hatelabo.jp/20091213224950

他人は自分の思い通りにならない

むしろそれを、その人に言ってあげたい気分なんですよね。

言えませんけど・・・。

http://anond.hatelabo.jp/20091213232446

自分の用のあることしか発言しない

これしかないでしょう。

共感してくれる人が少ないということは、そのコミュニティがあなたにあってないということ。

例えば、阪神ファンの集まる居酒屋で、巨人ファンが一人でいると居心地が悪いのと同じだと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20091213231349

たぶん、人を助けるってのは正しい方向に導くことだって思ってる人なんだと思うよ。

えっ!!(驚き)

そういわれると、そうなのかも?

そうか、じゃあ、その人から見ると、私は正しい方向に導いてあげないといけない人なんだ・・・。

単なる愚痴で、どうすることが正しいかどうかなんてまったく求めていないのだけど(自分はそういうことは分かった上で敢えて書いてるつもりなので)、その人に悪気がないのなら、もうちょっと考えた方がいいかな・・・。

愚痴です」って書いてるのにこういう事書いてくる人には、一体どうすればいいんだろう(悩)

「解決策や意見などは求めていません。ただただ、慰めてください。」なんて書くのはちょっとやりすぎだと思うし(自分だったらそんな日記読みたくない(汗))。

実際には、黙って側にいてくれるだけで良いのにね。

そうなんですよね。愚痴ってそういうもんだと思うのだけど・・・。

http://anond.hatelabo.jp/20091213225855

27にもなって「親の意思」とかいうどうでもいいもんを気にする意味わからん?良家のおぼっちゃまかなんかか?

メデュサ。

政治に必要な物は何か?

それは「マニフェスト」と「拡声器」である。

「(静寂の)マイクロフォンフェティシズム」とでも言うべき現在Web周辺の状況は

新たなる政治的局面を準備するのか?

かつての全共闘時代の影がちらつくが、

ボイコットするのは子供達では無く寧ろセンセイの方。(ワタシの記事もオッサン受けばかりが良さそうだし・汗)

子供達は静寂を守っている。不安を募らせながら、一夜一夜を明かすだけだ。

彼らはハッキリ言って右翼にも左翼にも信頼を寄せてはいない。

ネット右翼」という原義からすれば、そんな者は遥かに少数派。

ならば何だというのだろう。

                    〜T/H

http://anond.hatelabo.jp/20091213224505

もっともよい方法は、このエントリーを一字一句そのまま自分日記に載せることです。

そうすれば、その人自身がコメントしてくれることでしょう。

せつね

僕が僕であることによって滅びなければならないとしたら、僕はどうすればよいのだろう。酢昆布を吸えばよいのだろうか。

http://anond.hatelabo.jp/20091213231847

同じく・・・。自分どんだけ魅力ないんだよ。。

鳩山内閣とはいったい何か?

ふと思ったのですが、鳩山内閣とは「日本人にとっての通過儀礼イニシエーション)」なのではないでしょうか?

思い出していただきたいのは、麻生政権時代の話です。あの時、私たちはなにかモヤモヤとしたものの中にいたような感覚を感じていたのではないかということです。自分自身に不確定感を感じており、自暴自棄な部分があったり、八方ふさがり感を感じていたり、手応えの無い生を生きている様な感覚を感じていたのではないでしょうか?

つまり、あのまま、自民党政治なり、麻生政権が続いていたとしたら、私たちは、自分たちが溶けてなくなるような感覚に襲われていたのではないかということです。

戦後民主主義というマッカーサーの誘導通り、生きている事にリアリティのない、夢見がちな子供こそが日本人であるということを日本人自身が真面目に実行してしまい、日本人精神年齢永遠の12歳に閉じ込められてしまいました。つまり、団塊世代を含めて、子供が多数派になってしまったという現実があると思います。

そして、その結果として、野党が多数派となり、鳩山内閣になったという訳です。

今までは、誰かが(この場合、自民党が)、親のように国民の面倒を見てくれましたから、親に子供が不満をぶつけるように、国民野党マスコミも外部からヤジを飛ばしていれば、責任を果たした気分になっていました。しかし、いざ、自分権力を持ってみると何も出来ていないのが現実としてあります。

鳩山首相というのは、今まで、外部にいた国民野党マスコミが……外部にいた人間が、鏡に映った場合にどう見えるかという事の体現者です。彼を無能、正常な精神状態でない、歪んだ笑顔が醜い(そこまで言ってませんね)と責め立てた所で、それは結局、国民自身が自分自身を批判していると言える事が出来るのではないでしょうか。

ですので、結果的にであれ、どうであれ、鳩山内閣とは「日本人にとっての通過儀礼イニシエーション)」として機能してしまっているというのが実情でしょう。

以前、こんな記事を見ました。

三国志の中で誰になりたいか?」という記事です。中国では狭義心に富む「関羽」が人気でした。アメリカでは有能で策謀謀略に長けた「曹操」が人気でした。日本では天才軍師の「諸葛孔明」が人気でした。

これが何を表しているかというと、自分の立ちたい立ち位置を表しているのではないでしょうか。

つまり、「トップに立たずに、冴えたアドバイスをする「知恵袋」として活躍したい」というのが日本人の心情な訳です。

これがそのまま、日本人野党体質に繋がっているのではないかと思います。

例えば、ある社会学者があるジャーナリストをなぜ、実際に著名人をどんどん引き連れて政治工作しないのか?と責め立てる訳です。ジャーナリストは「自分がやりたいことをやりたい」と答えていましたが、要するに、誰も当事者にはなりたくないのです。その社会学者も、孔明的な立ち位置に立ちたくてそんな事を言ったのでしょう。でも、責任は取りたくない訳です。ジャーナリストにしても政治運動当事者になる事は「やりたい事リスト」の中に入っていない訳です。やはり、孔明的な立ち位置でやっていきたい訳です(その点、勝間女史を悪く言う人がいますが、そういう人達のサバイブ能力は、彼女以下であることは間違いないと思います)。

結局、政治当事者ではなかった自民党時代の民主党も、国民も、マスコミも、(当事者からすると無責任な)冴えたアドバイスをしたい訳です。何か偉そうな事を言いたい訳です。その欲望が中心にあったのだと思います。

しかし、鳩山内閣とは「日本人にとっての通過儀礼イニシエーション)」は、日本人をことごとく死地へ向かわせ、容赦なく、当事者にしてしまうでしょう。逃げ切れると考えている団塊世代も例外ではありません。財産に対する猜疑心に否まされ、孤独死してしまう人も多いのではないかと思います。そして、実際、氷河期より就職事情は厳しいですし、経済的な脱出口は見つかっていません。また、ご存じの通り、外交も迷走しています。

多分、日本人がこの通過儀礼を無事乗り切るかは分かりませんが(最悪、中国植民地だと思っています。もっとも、チベットのように民族浄化されるかも知れませんが)、ある種の諦観と、自身しか当てにならないというサバイブ能力を持たざるを得なくなるでしょう。

レイプ問題を熱く議論するのは結構ですが、現実問題として、全ての男を隔離されている日本より、女性鉄砲を持ち迷彩服で町中を歩く日本の方がリアリティがあるのではないでしょうか?(現に、アフリカでは似た様な状態の国もあるらしいですし。そして、残念ながら、非常に残念ながら、日本レイプ発生率は低いのです。いずれにせよ移民は増えると思いますが、容赦なくレイプ発生率もグローバルスタンダードに近づくでしょう)

そして、そして、そして、そんな困難の時代を生きるあなたに、格好の情報があります!

働く必要なし!面倒なパソコン作業なし!たった10分の仕掛けを初回の3回行うだけで、破格の収入の嵐が襲う!

詳しくは、masuda-life.jp/business.htmlまで!!!

不透明人間

最近自分が周りに無視されているような恐れを感じる。

主に文章での会話のときに。

周りの発言は他の人と通じ合っているのに、私の発言には戻ってこないことがある。

何が原因だろう?

  • たまたま無視されたものを意識しすぎ
  • 自分の用のあることしか発言しない
  • 相手が返答に困る発言をした
  • 会話を終わらせる発言をした

4番目は、言葉を返さないといけないと思いつつも、

早く会話を終わらせたくなり、そうなることがよくある。

うーん、わからない。試しに発言を多くしても、言葉が返ってこないのが怖い。

単純に会話に楽しみを見いだせないのがダメなのかもしれない。

つまらなさが表面に出て、言葉も上辺だけになる。

こういう考えが間違っているならいい。

でも、相手に確認できないと自覚できない。

何を変えたらいいんだろう?教えてください。

でも、いくら教えてもらっても、実践する勇気がない時点でダメかもしれない。

http://anond.hatelabo.jp/20091213224902

この時期にそれを言い出すとなると、学歴コンプとかそういうことでなくて冬季うつだったりしないだろうか。

実家が南の方とか、吐くけどなんかやたら甘いもの食べちゃうとか、思い当たることはないか。

どっちにしろ増田は今、本調子じゃないだけなんだ。そういうときは日向ぼっこでもするのがいいと思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん