2009年01月18日の日記

2009-01-18

http://anond.hatelabo.jp/20090118232541

話をちゃんと理解して聞いてくれる子なら、男性はウェルカムじゃないかな。

彼氏が頑張ってわかりやすく話をしても、理解出来ないってなると厳しいかも。

http://d.hatena.ne.jp/Britty/20090118/p1

私は修士1年ですが、博士というのが本当に選ばれた人間のみが進んでも良い道、そういう厳しい道だということを大学に入ってからずっと感じ続けています。能力無くして出来ないとは思いますが、どちらかというと精神的な面、経済的な面、何よりタイミング重要性を感じています。

自分現在研究分野は物心付いた頃から好きで、小学校に入った頃くらいにはその知識量から周りからは"博士"扱いでした。小学校の高学年になると、朝起きたらトイレに本を持って入り、朝飯の時は食べながら読み、学校にいるときも暇さえあれば"そのこと"を考え、帰ってからも寝る間を惜しんで"そのこと"に触れていました。休みや授業後、まとまった時間があれば外に出て、立てた計画を実行していました。それはずっと続き、今でも続いています。それは努力といわれると違和感があり、それが普通で、それが自分でした。

そんな自分は何も知らずに研究室に入って同期に比べれば、ずっとドクターに近かったのでしょう。事実ドクター研究の話をしょっぱなから出来たのは自分だけでしたし、ドクター自分ドクターに行くとずっと思っていました。今となってはどうでも良いことですが。

小さい時からずっとやっていれば、人間ですからそのなかで波があるものです。大学4年の時、教授性格微妙に合わず疲れていたところに、卒論の未熟ゆえのハードスケジュールモチベーション微妙に下がってしまいました。その時生まれたドクターという道への"迷い"が全ての終わりでした。一度迷いが入ってはじめて分かるのですが、ドクターに行って良いのは迷いすら考えなかった"バカ"だけで、その時期にそんなバカになれるのは本当にタイミングに恵まれた幸運なバカだけです。迷いが入りつつもドクターに行ってしまうのは大バカです。勢いというのは能力よりも大切です。私は選ばれたバカにも、大バカにもなれませんでした。

実に自分が恨めしいです。勢いを失っているのに、ただ残ってしまった毎日の習慣が恨めしい。

邪悪六芒星

に制裁しとこうよ。人道的措置として。

一方的停戦して平和になってあーよかったとか言ってると、「選挙対策として虐殺する自由」が認められたと勘違いしちゃうじゃん。

いやまぁ実際に認められてるから「勘違い」じゃないんだけどさ。

http://anond.hatelabo.jp/20090118234026

セックスだけが本能だったら子供を育てないから、子孫を残す本能があることは確定的に明らか。

レイプされて妊娠した女性が恐らく子供を産まないであろう事も本能的なこと。

犯罪者の血筋は生き残れないし、男性が優秀かどうかを確認するステップ女性側に抜けているから。

犯罪者子供犯罪者になるとは言わないが、女性本能的にその可能性が高いと算出するのは仕方なきこと。

愛情云々というか、よりよい遺伝子を残すために相手を選ぶのは当然のことだよね。

それが恋愛という名前になっているだけ。

http://anond.hatelabo.jp/20090118234026

人間関係のタメ」って言葉家族を持つことの意味を説明してる本があったよ。

あなたは困った時に家族に助けてもらった経験はないんだろうか?

増田の1ページ目が崩壊してるんですが

なんぞこれ

http://anond.hatelabo.jp/20090118234026

とりあえず、人生における色んな事の効率がよくなったので結婚してよかったと思う。

脳が二つあって、体が二つあると一人じゃできない事もできるのだ。

「支払っている代償以上の便益を得られている」と思う。

子供を作るかはまだ分からないけど。

http://anond.hatelabo.jp/20090118111349

M的願望から来る場合もあるぜー

俺とか

http://anond.hatelabo.jp/20090118233834

投資信託は知らないけど、株式の売買手数料は下がっているよね。

ミニ株とかも出たし、税金もいまのところ安くなっている。

http://anond.hatelabo.jp/20090118232943

学資保険の合理性は?やっぱり必要ですか?

教育費ってなんですか?保育園以外に何かかかりますか?

ぶっちゃけ収入はどれくらいですか?生活保護は?

金融危機のせいで大企業転職

新卒

氷河期

大手の子会社

転職

中小企業

融資元の決算対策のためにゴタゴタ。

融資元の会社内定 (イマココ)

大企業

でも大きな会社スピードノロマなのが…

http://anond.hatelabo.jp/20090118173416

男が偉そうにしてるのを

女が心はどうあれうわべだけでも感心すれば

何事もうまく回るから。

男女雇用機会均等法以降はアホ女が増えたので、

うまくいかなくなってきた。

http://anond.hatelabo.jp/20090118234026

老いさらばえてから同じことが言えるか?

http://anond.hatelabo.jp/20090118014905

>「私はあの時どうして死ななかったんだろう、死んでいれば楽だったのに、死んでいたかった」なんて考えていた自分が許せない、と。

とりあえず、彼女の両親はそう考えた彼女を全部許すと思う。これは理屈抜きで。親になったら分かる類のものなんだけど。

彼女は、亡くなった家族の分まで生きて、幸せになるのが努めだろうと思う。「あなたが守って生かした娘は、こうして強く、幸せに生きていますよ。あなたの死は無駄ではありませんでしたよ。」と言えるほど生きる事。彼女が死んでしまったら、彼女の両親は何のために身を呈して亡くなったのか、その思いを無にする最悪の選択だろうそれはと。「死んだ人の分まで生きる」ってのは実際、重い事なんだ。

問題は、彼女が「両親が自分を許したとしても、自分自分を許さない」と考えていたらお手上げってことで。その場合は、もう「お前が死んだら俺が辛いから死ぬな。」としか言い様がない。

他の人も書いてるけど、高校生だけだと大変(つーか下手すると危険)だから、相談できる専門家ルートを書いとく。

まず、保健の先生。こういう事例に対処するための基本的な知識がある。またそこからの紹介でカウンセラー専門医を探してもらうこともできるはず。

あと、震災孤児のネットワークがないか、ぐぐってみたんだけど、意外と見つからないな。

ひとつだけ、あしなが育英会があった。 http://www.ashinaga.org/house.htm

辛いのを共有できる仲間が見つかるはず。

彼女いなくても結婚しなくても風俗あれば十分じゃない?

と大学の飲み会で男の子たちに振ってみた。

「風俗の方が金銭・時間・労力すべての点において安く済むでしょ?」

「性欲を満たすだけならそうだろう。でも愛情は手に入れられないよ。」


「彼女作って結婚して、相手が本当に自分を愛している保証なんてあるの?

 財力目当ての女性と結婚したら、風俗に通っているのと同じことじゃない?」

「風俗だと子供作れないでしょ。」


「何で子供作ろうと思うの?子供作らなくても生きていけるよね?子供作るとお金も手間もかかるよね?」

「社会は子供の誕生を必要としているんだよ。労働力がなくなれば税収もなくなる、国の経済力もなくなる。」


「みんな社会のために子供を生んでいるの?じゃあ社会が子供を作ることを要求しなくなったら人々は子供を生まなくなるの?」

「事実として、子供が欲しいという人はいる。そしてその事実を前提として社会制度は構築されている。」


「子供がそもそも欲しくないという人に、社会のために子供を作れと命令すること、思想を操作することを、国ができる?」

「それはできないな。みんな子供がいらないとなったら日本人は絶滅するしかない。

 でも、子孫を残したいという欲求は本能として備わっているんだよ。」


「本能は性欲であって、性欲の結果子供ができることまでは望んでいない。

 犬や猫だって交尾したいだけであって、子供を産もうということまで考えていないはず。」

「いや、どんな生物も子孫を残すことまで本能として欲求しているはずだ。」


「じゃあなぜコンドームがある?」

「それは現在は子育てできる環境がないけれどセックスだけはしたいときのためのもの。」


「永続的に子供を作るつもりのない相手とセックスすることだって多いよね、風俗なんてまさにそう。」

「性欲の処理も必要だからね。」


「じゃあ例えば子育てできる環境が整っていたとする、レイプされて妊娠した、

 ほとんどの女性は中絶するでしょう、せっかく自分の子孫を残せるチャンスなのになぜ生まないの?」

「それは、好きな人の子供を生みたいからだよ。」


「その『好き』という感情が生まれる保証が必ずある?

 好きな人が現れたとして、その人の子供が欲しいと思う保証が必ずある?

 子供を欲したとして、相手の人も子供を作りたいと思う確率ってどれぐらい?0に近いんじゃない?何で両思いになれるの?」

「それはまさに奇跡だよね。」


「私にとって好きでもない人との間に子作りをするということはレイプされるのとほぼ同義。

 レイプされてできた子供を生みたくはないし、生んでも愛せないと思う。」

「あなたは好きでもない人とセックスするの?」


「・・・好きな人と子作りできればいい、だけどそれが実現する確率なんて限りなく小さい。

 でも愛していない人の子供でも自分の子供であるならば愛せる、生きがいになるというのであれば、

 生んでおいたほうがいいのかなと思う。私の両親はまさにそうだったから・・」

「あなたは人に愛されていると感じたことはないの?」


「・・・大事にしてくれる友人は沢山いる、でも恋人になってくれた人はいない、セックスはしても恋愛感情を持たれたことはない。」

「ご両親はあなたを愛してくれたんでしょう?

 ご両親愛がない結婚をしたっていってたけど、あなたを作ったとき・生んだときは愛し合っていたんだよ。」


「・・・・・・・。」

「瞬間風速でご両親の間に今愛がないといっても、ご両親の行為の結果あなたが生まれた、

 今あなたがここにいて僕らと話をしている、それだけでも価値があることだと思わない?

 僕は彼女と付き合っているとき、セックスしているときは、

 お互いの存在を確認するため、この世に生まれた価値を確かめるためだと思ってそういう行為をしているよ。」


「・・・・付き合うってどういうことなんでしょうね。恋愛するって。わからなくて。」

「決まった定義はない、お互い認識を共有すること、それからどうするかは二人次第でしょう。」


「付き合うってお金も時間も労力もかかるでしょ。恋愛って無駄でしょ。

 それだけの代償を支払ってまで付き合う価値があるの?」

「代償と思わないから付き合えるんでしょ。」


「一方が代償だと思わなくても相手も代償と思っていない確率なんてどれぐらい?0に近いでしょ?」

「だからそうなることが奇跡なんだろうね。」


「奇跡が起こらなかったら人間も生まれてこないってことだよね。」

「そうだね。」


「何でそんな奇跡がこんなにたくさん起こる?」

「子孫を残すという行為自体は必然だからでしょう。伴侶選びは偶然に大きく左右されるとしてもね。

 じゃあさ、今こうして僕らと一緒に過ごしている間、代償払っているって感じている?」


「思わない、思わないよ。それは支払っている代償以上の便益を得られていると思うからだよね。」

「・・・人を好きになったことない?

 経済学の世界では合理的な経済人を想定して美しいモデルが描かれているけど、

 人間の行動や人生なんて、不合理で損なこと無駄なこともいっぱいあるんだ。

 その無駄な部分が人生の目的だったりするんだよ。」




こんな調子で結局結論が出なかった。

みんな何で「無駄な」恋愛・結婚をするの?

性欲を満たすだけじゃだめですか?

子孫を残すことも含めて本能的欲求ですか?

http://anond.hatelabo.jp/20090118232943

市営住宅等の、もっと安い家賃の部屋を検討されてみては?

勝間和代食パンネタ(?)が気になって。

勝間和代食パンネタ(?)が気になって。

揚げ物系の菓子菓子パンコーヒー牛乳(げろ甘、1 L)の方がカロリー高そうな気がしたんだけど。

 

あくまでも概算値。

単位カロリーは、http://www.eiyoukeisan.com/商品の表示などを引用

量は、ダイソーローソンストア100ショップ99で105円(又は104円、消費税込み)で買える概算量。

特売品らしきものは除いたつもり。

 

食パン1斤: 264 kcal/(100 g) * 350 g = 924 kcal

ご飯(レトルト、大盛り): 168 kcal/(100 g) * 250 g = 420 kcal

そば(乾): 344 kcal/(100 g) * 270 g = 928.8 kcal

そうめん(乾): 356 kcal/(100 g) * 270 g = 961.2 kcal

薄力粉: 368 kcal/(100 g) * 700 g = 2576 kcal

上白糖: 384 kcal/(100 g) * 500 g = 1920 kcal

 

コーヒー牛乳: 56 kcal/(100 g) * 1000 g = 560 kcal、正確には量は1000 mL

コーラ: 46 kcal/(100 g) * 1000 g = 460 kcal、正確には量は1000 mL

ラクトアイス: 224 kcal/(100 g) * 200 g = 448 kcal、正確には量は200 mL

ラクトアイス: 369 kcal/(1カップ、200 ml)

 

サラダ油: 921 kcal/(100 g) * 265 g = 2440.65 kcal

マヨネーズ: 703 kcal/(100 g) * 200 g = 1406 kcal

カレールー: 512 kcal/(100 g) * 100 g = 512 kcal

ピーナッツクリーム: 82 kcal/(20 g) * 150 g = 615 kcal

 

カロリーが高そうでも、

調理加工された食料や飲料は概ね350 kcalから700 kcal程度で、

食パン1斤には及ばないみたい。

105円で買える範囲の、

カレーパン(1個)、揚げ煎餅(1袋)、豆菓子(1袋)、ポテトチップス(1袋)、

チョコレート(1枚)、コーヒー牛乳(1000 mL)、アイスクリーム(200 mL)は、

いずれも食パン1斤以下のカロリーだった。

 

(カロリーのことよりも、自分のガキの頃と比べてモノの値段が下がっていることの方が気になった。)

(まったく話は変わるけど、かようにモノの値段は下がっているのに、投資信託の販売手数料や信託報酬が値下がりしている様子がないのはなぜなんでしょうか。誰か有名な経済評論家が答えてくれないかなあ。)

どこの分野でもいえることだが、本当に困っている弱者の中に一部存在するなんちゃって弱者によって

その困ってる人たち全体が悪く見られることってどうにかならないものかといつも思う。

人と別れるのが辛い

僕は仕事柄、職場を数ヶ月~1年単位で変わることが多い。今騒がれている派遣ではないけれど、似たようなもの。

職場に恵まれてきたせいか、どの職場でも仲良く仕事をさせて頂いた。あちらの社員さんやパートさんに教えてもらうこともあれば、こちらが教えることもあり、形だけかもしれないけれど上の人たちからも一応は感謝され、また次のところへ移る。僕の中で、彼等彼女等、そこで過ごした時間、生活というのは、忘れられないものだし、できることならずっと連絡を取り合いたいとさえ思う。

一つの仕事が終わりそうになる時、いつも耐えられないぐらい寂しい気持ちになる。自分はこの先もこの人たちのことを忘れないと思うけれど、この人たちはたぶん僕のことは忘れてしまうだろうって。家に帰ると各々のパートナーがおり、各々の営みがあり、当然僕はそこには含まれていない。あくまで、たまたま仕事場が同じだから、仕事期間中は楽しくおしゃべりをしているだけであって、それ以上の感情は無いわけだ。もちろん僕にも僕の(仕事以外の)生活があり、友達がいて、そこに仕事関係の人たちはほとんど入っていない。

一緒に仕事をする人に恋をすることだってある。過去二回の恋はたまたま相手が人妻だったので、何もなかったけれど、その人と一緒に仕事ができるというだけで、月曜日が待ち遠しかったし、金曜日になると憂鬱になり、土曜の朝には圧倒的な孤独を感じた。

友達を遊ぶことも何故かほとんどなくなった。たぶん子供っぽい自分意識したくなかったんだろう。相手は15歳ぐらい上だったから。

彼女は今でも、僕のことを覚えていると思う。そりゃそうだ。また1年ぐらいしか経ってないわけだしね。でも僕にとっての彼女彼女にとっての僕の落差をどうしても感じてしまうし、それが当たり前のことだと知りつつも、やはり落ち込まないことはない。

別に好きな人でなくても同じことで、やはり僕は不可能だと理解していても、ずっと同じ時間が過ごせたらいいと思う。毎日9時に出社して、5時や6時に帰りたいと思う。そしてたまに、皆で残業したいと思う。じゃあそこの正社員になれよって感じだけれど、それもまた違う気がする。僕が言っているのはそこじゃなくて、成長するにしたがって多くの人と仲良くなれる機会は増えるけれど、絶対的に踏み込めない領域も増えるってこと。

お互いに家族との時間だってある。子供がいるなら、そこに注ぎ込む時間が一番大事だろう。夫や奥さんがいるなら、そちらに注ぎこむ愛情も大切だろう。ずっと何年も同じ職場で、おはようございますー、お疲れ様でしたー、って言い続けられるわけが無い。それがどうしようもなく辛い。あの人が今どうなっているか知りたい。そして話したい。

いくら仲良くなっても、一緒にご飯を食べても、一緒に昼休みを過ごしても、僕には見せないけれど、他の人(恋人とか旦那さんとか)には見せる部分もある。どちらが「素」かといえば後者だと思う。そんな当たり前のことで、どうこう言っている自分の小ささに驚く。でもねえ、仕方がないよね。昔からこうだ。

これだけの理想がありながら、僕は特に若い独身女性にはほとんど興味が無く、いい雰囲気になりそうでもさっさと帰ったりする。良さそうな人だったら、恋人なっちゃえば自分が求めていた、けれどもずっと持っていなくて、羨ましそうに他人を見ることしかできなかった、暖かな営みを手に入れることができるかもしれないのに、目の前にある他人のそれを見ると、若くて初々しい自分恋愛趣味人間関係がやけにちっぽけなもの見えてしまう。

ふん、一時的なものだろうと思って、もう2年弱だ。きっといつか変な本か小説を読んだせいで+自分が変な思考、意識をしたせいでこうなったんだろうけれど、これじゃダメだし、自分でも凄く気持ち悪い。

僕が羨んでいる人たちだって、僕と同じ年頃には泥臭いこともしただろうし、ダサいこともして、そうやってあんなに魅力的な人間になることができたんだと思う。それは分かっているけれど、そういう魅力的な人と同じフィールドに立ちたい。背負っているもの、積み上げてきたもの、内に所有している良いものも悪いものも、何もかもが違う。

で、結局は努力するしかないという結論に達する。もっと早く成長して、色んなものを経験すればいくらかは、あの素敵な人たちに近付けるはずだし、お互いが望んでいれば(相手から強く望んでくれる人にもなれるかもしれないし)、連絡を取り合える関係にだってなれるんじゃないか、と。

男友達に話したら「受け入れろ」と言われた。女友達に話したら若干引かれた。

こんなことを最近ずっと考えてる。入り口が多い塊のようで、色んなことに興味が出てきた。いずれ会える人のことを考えるとわくわくするけれど、やはり今仕事をしている人たちともそんな関係を築きたい。過去の人たちのことはずっと引きずるだろうけれど、それはもうどうしようもない。

こんなどうしようもないどんよりを抱えて明日もまた出社だ。辛いのか、楽しいのか分からなくなってきた。

http://anond.hatelabo.jp/20090118170428

そうか

ありがとう

じゃその社長さんたちは求人票を持って現地に赴かなかったと言うことかな

君は行ったのかな

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん