2014-08-30

正直、ブラック企業経営者感謝している

最近ネット上における

ブラック企業は酷い企業存在が許されない。」

ブラック企業経営者サイコパスキチガイで、社会の敵。」

という風潮についていけない。

ブラック企業を叩かない奴は悪だ。」とでもいうような

空気蔓延していて、どうにも居心地が悪い。

そりゃあ、実際にブラック企業で働いてる人は大変なんだろうけど、

一方で自分ブラック企業で働いてるわけじゃないし、

どうにも身近にある切実な労働問題として考えられないんだよな。

しろブラック企業存在することによって、安く服が買えたり、

安く居酒屋で飯が食えたり、安くエステに通えたり、そっちの方が

正直ありがたいというか、日常的に利益を実感できてるんだよ。

庶民毎日毎日安い牛丼食えて助かってるわけで、「働いてる人が大変」

というだけで、悪と断罪して本当に良いのか?

ブラック企業経営者悪人なのか?どうにも、そう思えないんだよな。

小数の人の苦しみで多数が救われてるなら、それは一つの善だろ。

ブラック企業の生み出す価値は、日本の大切な福祉で、シングルマザーの味方で、

年金じじいの友。

これを今更なくすとかありえない。(すき家牛丼値上げしちゃった……。)

日本人生活が立ち行かなくなるよ。

日本人は貧しい国を搾取してるけど、それについては見て見ぬふりしてるじゃん。

アフリカ資源とか格安で手に入れてるじゃん。それと一緒だろ。

なんで今さらブラック企業問題なんて掘り起こすんだ。

ゼンショーユニクロ経営者のおかげで皆助かってるんだから

正義の味方面してブラック企業糾弾するなんて愚行はやめよう。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20140830222143

記事への反応(ブックマークコメント)