2019-10-09

anond:20191009111721

本人はいわゆる憑依型俳優で、ものすごく役作りしたみたいだけど、

登場場面がカットされまくり10分くらいしか出てこなかった。

どうも当時のワーナーは「DC映画は暗くて長い」というイメージをひっくり返すのに必死だったようで。

スースクの一つ前のBvSもストーリー意味不明になるくらいカットされまくりだったし。

あるいは事前に公開されたジョーカーの姿がこれまでとはかけはなれていて評判が悪かったのも一因かもしれないし、

スースクではジョーカーはメインのヴィランではなかったのでカットやすかったというのもありそう。

ともかくスースクでのジョーカー評価がどうこう言う以前にまったく出番がなかったわけだ。

さらに公開後には、BvSとスースクジャスティスリーグの不調でDCEUの計画のものが大きく変わって、

ジャスティスリーグよりも単独映画を優先する方針になったり、

ジャレッド・レト主演のジョーカー単独映画の予定がなくなったり、

予定されていた作品監督脚本がころころと変わったり、

スーパーマンバットマン俳優降板したり、

ジャレッド・レトの続投もどうなるかよくわかんねえな…っていう感じなんだ。

記事への反応 -

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん