2018-04-08

政治家が使う「永田町言語」というものがあるんですよ。

たとえば、ある不手際が起きた時、政治家が「オレは気にしていないぞ」というのはどういう意味だと思いますか?

永田町では、「お前のほうが深く反省して、なにか措置を考えろ」という意味です。

他にも、たとえば「局長最近忙しそうだな。オレ以外の政治家の間をチョロチョロしているのか」とか、「今度、局長挨拶に行くと伝えておいてくれ」というのは、「すぐに来い」という意味です。

それを読み解けないと局長以上まで行けないんですよ。そんな明示的、直接的な指示なんて、永田町の住人がするはずないじゃないですか

わかりやすい指示はあり得ないです。そこは忖度力。こうした能力は、普段は「思いやり」とか「気配り」と言われるんですが、事件化すると「忖度」になるんです。忖度力がなければ生き残れないわけですよ。

強いて言うなら、「あの学園についてだけどな、特に公平にな」とか。これくらいですよ。

どうも、官邸はあの学園に関心があるらしい。「特に公平」にと言っているけど、そもそも「公平」なのに「特に」ってどういうことだ? とか、官僚はいろいろ考える。で、これはちゃんとやらないといけない、ということで調べてみると、どうもだいぶ近いようだと。

あとは、「あの学園、最近頑張っているな」とか。政治家が言うのはこれぐらいですよ。

まり、言質は絶対に取らせないわけですね。全部録音されていても大丈夫

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん