2015-04-18

人参加OKな街コン(という名の地獄)

俺はこの世の地獄を見た。

街コンが何故、2名参加を求めるのか理解した。

一人も友達がいないという最低限の社会性を持たない集団が一つの空間に集結するのだ…出会いを求めて

なんという皮肉

愉快な参加メンバーを紹介しよう

三十代後半坊主やけに声が高く、自分母親のことを、ママと呼称する男。携帯には、小学生が喜びそうな金属製の剣のキーホルダーがワサワサ付いていた

あるいは20代前半の男。ハットとネクタイを華麗に決めたオシャレさん風の格好をした男…しか身長が150cm程度と圧倒的に足りず、服がコスプレしか見えない。彼が女性と話す姿は、ついぞ見なかった

あるいは50手前の男。そのにやけ顔が何とも言えない雰囲気を醸し出す

男女比は3:1。数少ない女性を数少ないまともな男性が取り囲み、その周囲を固めるイケテナイ男共が羨望の眼差しでその様子を見ている。

盛り上がらない会話、愛想笑いで塗り固められた表情。日頃、いかに人間同士で会話していないかよく分かる

しかし、最大の恐怖は、自分自身がまぎれもなく、この集団に溶け込んでいることだ。モテナイ男はこれほど、惨めで小汚く情けないものだということが、体感できる。

お値段は男性一人、六千円少々。それがカシオレ数杯と僅かな料理に変換されていく。地獄への往復キップだと思えば安いもの

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20150418125342

記事への反応(ブックマークコメント)