2011-12-02

ロト6で1億あたってから

27歳、中小企業サラリーマン

およそ1年前、ロト6で1等が当たった。

キャリーオーバーがあると最高4億円が当たるロト6。僕の当選金は1億数千万円だったけど、番号確認した瞬間心臓バクバクになったのを覚えてる。

 

ロト6は43個の数字から自分の好きな数字を6個選ぶ。(数字の選択を機械にまかせることもできる)

僕は5年前くらいから毎週同じ数字を選び買い続けてた。誕生日など自分に関連のある数字を6つ選んで。

 

手取り20万台のサラリーマンにとって、突如手にした大金の扱い方なんてわからない。

ネット情報収集して色々と学んだ。

結婚する予定の彼女と両親以外には当選したことを誰にも話していない。

両親には『百万円以上のたからくじが当たった』と話した。もし金銭で何かあったら言ってくれと伝えてある。

彼女はいくら当たったかまで伝えた。『せっかくだし何か欲しいものある?』と一応聞いたが、『欲しいものはいっぱいあるけど、私が(高額なプレゼントの)お返しがしにくくなるから、そういうのはやめよう。いままで通りで。』と言われた。

 

銀行に決済専用口座を用意して3000万円くらいずつわけた。

1000万円保護までのペイオフは知っていたが、決済専用口座(無利子の代わりに全額保護)の存在は知らなかった。

定期預金にしたってどうせ利子なんて微々たるもんだし。

 

生活は変わらない。変えてない。

いままで手をつけた当選金は100万円のみ。震災寄付として少しだけ。

当選金は投資にも回してない。投資信託だけは何年か前から毎月積み立ててやってたけど、これも当選前と当選後では変わらない。

 

大金を手にしたことが無いので怖いのもあって(ネットで調べてたら、宝くじ当選から失敗した方々の体験談等を多数目にした)、当選直後に自分の中で1つだけルールを作った。

『一ヶ月間だけ当選金を1円たりとも使わない』

一ヶ月、悶々と我慢したら「とりあえず今はこのままの生活でいいや」という結論に達した。

 

もちろん物欲はある。

今まで『もし宝くじ当たったら何買おう』とかワクワク考えてたこともあったし、当選直後は貪欲にも『ほしい物リスト』とか作ってみたりした。

でも一ヶ月経ったら冷静になれてた。

 

仕事は辞めてない。サービス残業させられるし、有給も満足にとれない。

しかしながら、1億円があたってから心に余裕が生まれたらしい。

仕事辞めて社会と接点を断ったら、きっと僕はダメ人間になりそうだし。

 

使わないお金でも、心の平穏はお金で買えるようだ。

自慢したくてこの日記を書いたわけじゃないけど、知り合いにはトラブルのもととなるお金の話はできないのでここに書いてみたわけです

読んでいただきありがとうございました。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20111202234035

記事への反応(ブックマークコメント)