2008-08-08

日本社会における深い暗渠:司直・社会マスコミ限界

 

 俺は「グリコ森永事件」が起きた1984年中学三年生の春を迎えた。

 

 その年に俺の中学で起きた「ちょっとした事件」に直接関わっていたが、黙って暮らしてきた。「時効成立なので」という訳ではないが、小文をしたためさせてもらう。

 俺の住んでいたところはグリコ森永事件の現場(東は滋賀県、西は兵庫県西宮市)の両端の間に位置し、多感な時期であったこともあり、何か、事件の犯人は近くに住んでいるのではないかと感じていた(そういう噂も内々にもあった)。

 俺の行っていた中学は行区内にいわゆる「文教地区」ではないところもある、関西では一般的な「柄が少し悪い」学校だった。

 中三の時期、俺の学年は田中仮名以下略)がワルで仕切っていた。学年にもう一人、佐藤仮名以下略)という、中二からメキメキ、ワルさを極めを力をつけている奴がいた。当然、田中および取り巻き(俺も末端ながらその一人だった)は佐藤のことを「いちびってる」として「そのうち、締めよう」と考えていた。佐藤は仲間とつるむタイプではなく一人で田中グループ人間シバきまわしたり、「カツアゲ」していた。俺も佐藤に小遣いをむしり取られたことがあった(ちなみに田中には「制度」として上納していた)。

 グリコ森永事件が広域事件として、社会を騒がせていた時期、俺の中学も小さい宇宙の中で、ちょっとした「抗争」が起きようとしいた。

 案外、田中は早く動いた。中学の屋上に佐藤を夜に呼び出して、シバキ回して「ヤキをいれよう」ということになった。俺も参加するよう言われた。でも、何か怖くて、その晩はバックれた。後で田中の子分に「小心者」と罵られ暴力を受けることは覚悟していた。

 Xデーは訪れた。翌朝、佐藤中学の校舎の裏側のコンクリの上で、落下死体として発見された。田中の周辺からだいたいのところは聞いた。田中佐藤で屋上で殴りあいをして、田中佐藤を組み伏せた。田中側は複数だったかもしれない。

 当時、俺の中学ではシンナートルエン遊びが流行っていた。田中たちは下になった佐藤に無理やりシンナートルエンの混合物を目茶苦茶に吸引させた。田中は容赦ない奴だったので、その前に佐藤の肋骨を数本、踵で体重をかけて、内臓にめり込むよう折っていたし、腕もへし折っていたようだ。

 激高した田中とその取り巻きはぐったりした佐藤を校舎の屋上のフェンスから投げ落とした。現場に俺は居合わせてなかったが、田中の「肋骨折り」は以前も目撃したこともあり、怒り狂った田中の凶暴さは知っていたので、佐藤を「落下」させることくらいはやりかねないと思った。

 佐藤の落下死体があったことから、朝から警察が来てものものしい雰囲気だった。田中らは逮捕されるだろうと思った。少年院とかに行くだろうし、本人たちもそういった人生を選択していると思った。佐藤が死んだことには、少し「ぞっと」したが、所謂「想定内」であった。

 その日の夕刊に警察発表の記事が社会面に載った。一段扱い、小さな記事であった。

中学生シンナーを吸引して誤って転落死」

とひっそり、単独事故死ということで片付けられていた。

 その後、田中とその側近たちは登校しなかったし、先生佐藤の転落死などなかったように静かに中学義務教育継続した。

 俺は、怖かった。佐藤が殺されたことよりも、何百倍も「転落死」として処理されたことが今でも怖い。丁度、グリコ森永事件の犯人が捕まらなかったのと同様、国家権力をもってして、外傷を受け複数の骨が折られた死体も「事故死」とする方が都合がいいこともあるのだと、中学三年生のときに知った。

 よく殺人で捕まった犯人が累犯として他の犯行も認めたという報道もある。きっと真実もあれば、コントロールされた「事実」もあるのだろうとずっと思っている。

 高校に行って、社会人になったが、静かに人生を送るように極力つとめるようにしている。まあ、それが、日本における市民普通生き方なのかもしれない。

 田中および一番側近の村上仮名)はその後、任侠の見習いをしているとも聞いたが18歳の時、死んだ。深夜、国道田中スピード運転でカーブを曲がり切れず対向車線にはみだして、タクシーと正面衝突。田中村上、そしてタクシーの運転手さんまで即死だった。田中アルコールを飲んで運転していた。

 先日、実家が引っ越すので荷物を整理して、中学校卒業アルバムを見つけた。佐藤はもちろん、田中村上他の写真もなく、彼らは最初から存在していないようにアルバムされていた。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20080808223304

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)