「金子光晴」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 金子光晴とは

2015-05-14

http://anond.hatelabo.jp/20150513015435

そういう話するなら、自分が「心を動かされた」作品名上げていかないと駄目っしょ。

自分のをベストテン順位はつけられない)晒す

金子光晴『マレー蘭印紀行』

富士正晴『豪姫』

井上光晴丸山蘭水楼の遊女たち』(ラストシーンドラクロワの絵みたいっていつも思う)

大岡昇平野火

山本周五郎樅の木は残った

泉鏡花「眉かくしの霊」

・ブロンテ『嵐が丘

ティプトリーJr.接続された女

バロウズ『シティーズ・オブ・ザ・レッドナイト

ヴォネガットJr.スローターハウス5

次点は、

フィッツジェラルド『雨の朝巴里に死す』

久生十蘭『十字街』

中井英夫虚無への供物

泡坂妻夫『湖底のまつり』

…などなど。

三島谷崎も高校生の頃にほぼ読んだけど、心を動かされたというより、理知的な興味方向で面白かった。

知的な興味方向だと、大戦推理小説あたりがかなり入ってくる。クイーン、カー、新青年関連等々。

見ての通り、純文学vs.ラノベって軸は全然理解できない。

2008-10-03

http://anond.hatelabo.jp/20081003033512

金子光晴小説

「この世は女にとってはとくに生きづらいんだから男はより多く負けてやれ」

というような言葉があった

初めて読んだ高校のときはピンとこなかったが

母親離婚したり自分が就職していろいろ目の当たりにすると

女の人にとっては不利な社会になってんだな、と思う

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん