2019-09-12

人生でやり残した事

どいつもこいつも信用できねぇ

クソ野郎どもばかりだ。

俺はこの世にとっくに絶望している。

多分この先も良いことなんて無いに違いない。

いつ死んでも構わない気がしている。

昔は車飛ばしていいオンナとセックスしたりもしたが、セックスなんて最初の一回を覗いて味気ないものと気づいてからはとんとご無沙汰だ。

そういえば若いからやろうと思ってズルズル今日まで引っ張って着てしまたことがある。

それは自動二輪免許取得だ。

自動車免許とるのに教習所通ったとき教官むちゃくちゃ意地悪なやつがいて辛くてしょうがなかった。

多分それがトラウトになり、教習所へ行くのをためらっているのだろう。

来年は49歳。

親父が死んだのは49歳だったか。そう考えると俺の人生も残り少ない。

ダメ元で申し込んでみようか。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん