2019-05-08

諸葛亮という悪魔

諸葛亮自分がどのような状況に置かれようと感情に流されれず、数手先を読み、敵対する相手に罠を仕掛ける。彼が感情的な態度を取るのは誰かを騙すときであり、全ては計略の一つである

諸葛亮の強さの秘密は知謀よりも非情さにあると私は思う。凡人が道徳的にためらうような手段を平気でとり、良心の呵責を感じることはない。

それでも、君主武将、後の世の人々から絶大な支持を得ているのは、自分が属する集団の役に立っているかである。このことは古今東西の実力者にも当てはまる。

何者であろうと全ての人を幸せにすることはできない。それならば敵対する相手を叩き、自分の周りにいる人を幸せにした方が良いのではないだろうか。

私は無能な善人より、有能な悪人でありたい。

  • anond:20190508175122

    諸葛亮ってもっとこう、外道っぽい描き方されるべきだと思うんだよな。   日本史でいったら信長みたいなもんだろう? かぶいてないだけで。

  • anond:20190508175122

    曹操に対抗するために脚色された人としか

  • anond:20190508175122

    諸葛亮の強さの秘密は知謀よりも非情さにあると私は思う。凡人が道徳的にためらうような手段を平気でとり、良心の呵責を感じることはない。 言うほど悪魔的な所業ってなんかあっ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん