2018-07-17

ヒュッケバイン問題があるのに、ガオガイガー問題がないのは何故なんだ

コトの真相はおいておいて、ヒュッケバインガンダムっぽいという話があり、

それを肯定はできないけど、決定的な否定もできない、そういう疑念を誰もが持つから

ヒュッケバイン問題っていうのは存在しているのだと思う。

ガオガイガーは逆の方向だけど、同じ問題を抱えていないか

そこまで興味がない人からみたら、勇者ロボと言えばガオガイガーなんだろうけど、

勇者ロボの代表格がガオガイガーというのは違和感がある。

それまでの勇者ロボットたちとは絶対に違う、異端存在だと思う。

勇者シリーズを通し、別のロボットものとの比較をして、勇者とは何かを考えた時、

足りていない、というよりは、超えすぎて違うと思う部分がいくつもある。

巨大ロボに乗って戦う人間の話になっている等、具体的なものをあげたらキリがないけど、

拡大解釈を続けながら変化してきた勇者シリーズのラストで、拡大の幅が外れ値という勢いで大きい。

ガオガイガー勇者ロボというより、勇者ガオガイガーという別物になってしまった、個人的にはそんな気がしてる。

絶対ガオガイガー勇者ロボではありません!というような強い否定は難しいけど、

ヒュッケバインくらいには疑問を抱かれる存在であってもいいんじゃないのか。

  • anond:20180717122925

    それけっこう言われてない?

  • anond:20180717122925

    勇者シリーズ見てきた人たちは違うと感じてる思うよ ただ増田と違って、違いを肯定的に受け止めたわけだけど なぜ肯定的だったかというと、それまでの勇者らしさに飽きちゃったから...

  • anond:20180717122925

    その2つはぜんぜん違う問題だと思う。 ヒュッケバインは、サイバスター以後スパロボが自前コンテンツ欲しさに欲かいた結果、バンダイの逆鱗に触れて抹殺されただけ。 ガオガイガー...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん