2018-02-01

『雨のときは「歩く」「走る」のどちらが、ぬれにくいの?』について

http://b.hatena.ne.jp/entry/nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1801/24/news105.html

この問題を解くのに一番簡単方法は、相対性を利用することである

雨は空中に静止している水滴であるとして考え、その代わりに人間の方が一定速度で上空に登っていく、と問題を設定しなおすのだ。

そうすると、体に当たった雨の量は、人間がゴールに達するまでに通過した空間の体積と言い換えることが出来る。

さらもっと問題を分かりやすくしたいなら、空間2次元とし、人間の形を適当長方形としてみればよい。

長方形が走る速度で横に、雨の落下速度で上昇するとして、その長方形がゴールまで移動するのに必要な面積を計算すればよい。

走る速度が速いと、体の側面によって余計に面積が膨らむ(雨粒に当たる)のが分かるはずだ。

したがって、最も雨が当たらないようにするには、ただ速く走るだけでは足りない。

上昇速度(つまり雨の下降速度)ベクトルと、走る速度ベクトルの傾きと同じだけ、体を傾ける必要があることが分かるのである

まりめっちゃ速く走るのであれば、ロケットみたく体を横にして走る必要があるのである

  • anond:20180201031435

    余談だけど元記事のタイトル見て、銃乱射事件に遭遇したら伏せたやつは死んで逃げた奴は助かったみたいな話思い出した

  • anond:20180201031435

    「走ると足元の水が飛び散るので歩くよりも濡れる」と結論付けた科学番組をNHKで見た記憶があるんだが、この記憶は本当に正しいものなのかときどき思い出しては考えている

    • anond:20180201173905

      俺もそれを見たので間違いではない。大丈夫だ。

      • anond:20180201181238

        俺も見た記憶がある 俺の記憶では 室内でスプリンクラー的なので水撒いてる中を 体格が同じ双子の男性が白い服着て一方が走り、一方が歩くという実験だった 結果は走ると濡れる時間...

  • anond:20180201031435

    時間あたりの接触雨量で言えば走ったほうが理論的にはぶつかりやすいだろうが、目的地までの距離あたりで考えると、元田のいう平行四辺形の底辺と高さが変わらないから接触雨量は...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん