2017-11-05

ゲームを真似して犯罪する人」が実は存在するのかもしれない、という話

猟奇的残酷ゲームを見て、「こういうゲームは真似して犯罪を起こす奴がいるから駄目」という人がいる。

そんなのね、でたらめだよねって言いたい。そんなバカな話、あるわけがないだろ?

…とはいものの、実はゲーム現実区別がつかない人が一定数いることも事実なのだ

それは人の気持ちがわからないサイコパスと呼ばれる人種なのかもしれない。

漫画家が描いた漫画作品漫画家人間性を切り分けて考えられない人もたくさんいる。

そういう人が、ゲーム現実区別もつかないまま、スプラッター犯罪を犯してしまうというのも、ありえなくはない話だ。

とにかく、世の中には自分では考えられないような人がたくさんいるのだ。

からゲームを真似して犯罪する人も、実は一定数いるのかもしれないな、と思った11月5日の夜。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん